シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ダイアモンド☆ユカイ、すっかり子煩悩パパ?お化け屋敷でこれまでの女性遍歴をざんげ

ダイアモンド☆ユカイ、すっかり子煩悩パパ?お化け屋敷でこれまでの女性遍歴をざんげ
お化け屋敷でこれまでの女性遍歴をざんげしたダイアモンド☆ユカイ

 ミュージシャンのダイアモンド☆ユカイが21日、東京ドームシティにある映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』とコラボレーションしたアトラクション「お化け屋敷 黒衣の女の呪い」に挑戦した。

 イベントに登場したダイアモンド☆ユカイは派手な女性関係でも知られるだけに、タイトルの「女の呪い」が引っ掛かるようで「こういうときに呼ばれると思っていたよ」と苦笑い。意気揚々とお化け屋敷に挑戦するも、さまざまな女性の幽霊に遭遇して本気の悲鳴を連発する場面もあり「女性の幽霊たちが出てきて、今まで女性に悪いことしたんだなっていうのを思い出しまして」とすっかり弱気で「いろいろやってきたけど、ごめんね本当に」と歩きながらざんげしていた。

 そんなダイアモンド☆ユカイだが、2010年に長女を授かり現在は3児のパパに。映画にちなんで最近の恐怖体験を聞かれると「妻のスッピンほど怖いものはないよ」と冗談めかしつつ、家では「そろそろ3歳になる長女に最近悪いことをしたら怖いんだぞって教えているんだけど、なかなか怖がってくれなくてさ」と子煩悩な一面も。

 また、映画本編もすでに鑑賞したというダイアモンド☆ユカイは主演のダニエル・ラドクリフの真面目な成長ぶりを大絶賛するも「もしかしたら真面目に見せている人の方が裏ではいろいろあるかもよ」とチクリ。「昔からロッカーよりもニューミュージックの人の方が悪いことをいろいろしていたり、アイドルの方が女をいろいろ知っていたりするからね」と意味深にコメントしていた。

 同作はスーザン・ヒルの小説「黒衣の女」を実写化したゴシックホラー。19世紀末のイギリスを舞台に『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが妻を亡くし悲しみにくれる弁護士を演じ、仕事で訪れた邸宅で不可解な現象に襲われる恐怖を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』は12月1日より新宿ピカデリーほか全国公開
「お化け屋敷 黒衣の女の呪い」は2013年1月14日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 21日
  5. ダイアモンド☆ユカイ、すっかり子煩悩パパ?お化け屋敷でこれまでの女性遍歴をざんげ