シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

こまどり姉妹、共に昭和歌謡界を駆け抜けた宮史郎さんをしのぶ

こまどり姉妹、共に昭和歌謡界を駆け抜けた宮史郎さんをしのぶ
宮史郎さんをしのに、思い出を語ったこまどり姉妹(並木栄子・並木葉子)

 双子デュオ歌手・こまどり姉妹(並木栄子・並木葉子)が20日、浅草の老舗レコード店「音のヨーロー堂」で行われたドキュメンタリー映画『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』のDVD発売記念イベントに出席し、19日に多臓器不全のために亡くなった歌手の宮史郎さんをしのんだ。

 こまどり姉妹は1959年に「浅草姉妹」として歌手デビューし、NHK紅白歌合戦に1961年から7年連続で出場するなど歌謡界で大活躍。宮さんとは昭和の歌謡界を駆け抜けた仲であり、妹の葉子は「少し前にも北海道で仕事をしていて、バスで6~7時間移動があったので体調を気にしていたんです。また別の世界で皆さんを楽しませる方と思いますので、ご冥福を祈っています」とコメント。

 姉の栄子も「(宮さんの)お兄さんが亡くなったときも乗り越えて、今年まで元気で、『もう5年は一緒に頑張ろう』って話をしていたのに、それが急の出来事で、親せきが亡くなったような気持ちでショックです」と突然の悲報に失意を隠せない様子だった。宮さんは生前お酒が好きで明るい人柄だったといい、葉子が「付き合いで朝まで一緒に飲んだこともたくさんあります。朝まで飲んでウイスキーを何本も空けていたこともありましたね」と懐かしむと、栄子も「飲んで面白い話ばっかりしていました」と思い出を語った。

 また、司会を務めた歌手で作家の合田道人は、10月18日に新宿の敬老会で行ったステージで宮さんと一緒に仕事をしたという。当時の様子を「体調が悪いのは明らかでした」と振り返りつつ、「後ろから支えられながら『女のみち』を震える体で歌ってくださいました」と宮さんの亡くなる1か月前の様子を明かしていた。

 同作は昭和30年代にデビューし、一世を風靡(ふうび)した双子デュオ歌手、こまどり姉妹の知られざる人生を追ったドキュメンタリー。絶頂期のころの資料映像に往年のファンが個人的に撮影していた貴重な映像も織り込み、苦難の連続だった半生をたどる。DVD化に二人は「歌手生活の中で紅白出場が一番ならそれの匹敵するくらいうれしかったです」と感激の様子だった。(取材・文:中村好伸)

映画『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』DVDは11月21日 発売(税込み:4,200円)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 20日
  5. こまどり姉妹、共に昭和歌謡界を駆け抜けた宮史郎さんをしのぶ