シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

SUPER JUNIORシウォン、「ドラマの帝王」でのナルシストぶりに母親も心配<韓国JPICTURES>

SUPER JUNIORシウォン、「ドラマの帝王」でのナルシストぶりに母親も心配<韓国JPICTURES>
「ドラマの帝王」の記者会見に参加したSUPER JUNIORのシウォン - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 22日 JPICTURES]現地時間11月22日ソウル木(モク)洞SBS社屋でドラマ「ドラマの帝王」の記者会見が開かれた。この日、記者会見にはキム・ミョンミン、チョン・リョウォン、シウォン(SUPER JUNIOR)、オ・ジウン、藤井美菜が参加してドラマに関する話を語った。

 シウォンは同ドラマで演技の幅を広げた。これまでドラマ「ATHENA -アテナ-」「ポセイドン」などで真面目なキャラクターを演じてきた彼は、今回のドラマでは単純で優柔不断なアジア最高韓流スター、カン・ヒョンミンを演じる。完璧な外見だが、実際は抜けている姿で視聴者たちの笑いを誘っている。

 シウォンは「母が、僕が外でカン・ヒョンミンのキャラクターのように行動するのかと思って心配をしている。『ドラマは面白いが本当にあのように行動するのか』と尋ねるので違うと言った。以前までは私的な集まりで話をしても面白いと言ってもらえなかったが、今はあいさつをするだけでもみんながたくさん笑う。カン・ヒョンミンのキャラクター効果のようだ」と笑った。続いて「少し憎いけれども、憎めないキャラクターとして作るためにたくさん悩んだ。憎いと思わないでくれて感謝する。カン・ヒョンミンの面白い部分はその設定だ。参考にしたスターはいなくて、何かに没頭している芸術家に影響を受けて表現した」と付け加えた。

 キム・ミョンミンは「制作会社代表として出演するが、現実なのかドラマを撮影しているのか錯覚したことがある。僕は俳優として撮影をしているのに役と現実の間で判断がつかなくて混乱した」とキャラクターに完璧に感情移入している姿を見せた。チョン・リョウォンは「イ・ゴウンはストレートなセリフが多い。演技しながら解放感を感じる。わたしは元々誰にも怒る性格ではなくて、一人で抱え込むタイプだ。それがわたしとゴウンの差なのにイ・ゴウンのこんな面がわたしの人生にも役に立つようだ。『花瓶としてだけ生きて死にたくなければ必要だな』と思った」と笑った。

 「ドラマの帝王」は世の中の中心がお金という外注制作会社の代表アンソニー・キムと心温かく人間味あふれる新人作家イ・ゴウン、韓流スターだがナルシストなカン・ヒョンミンが出会うことで繰り広げられる、ドラマ制作を盛り込んだコメディードラマ。(Jpictures Syndicate)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 26日
  5. SUPER JUNIORシウォン、「ドラマの帝王」でのナルシストぶりに母親も心配<韓国JPICTURES>