シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

パク・シフ、交通事故のような愛を感じたい!?理想の女性像について明かす<韓国JPICTURES>

パク・シフ、交通事故のような愛を感じたい!?理想の女性像について明かす<韓国JPICTURES>
「清潭洞アリス」制作発表会に参加したパク・シフ - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 27日 JPICTURES]俳優パク・シフが次期作ドラマ「清潭洞アリス」制作発表会で「今回のドラマを通じて壊れる」と宣言した。パク・シフは現地時間11月27日、ソウルSBS社屋で行われたSBS週末ドラマ「清潭洞アリス」制作発表会で、作品を選択した理由と自身のチャ・スンジョ役について語った。

 パク・シフは同ドラマで、世界的な名品流通会社のCEOチャ・スンジョを演じる。パク・シフは「『王女の男』の後、すぐに映画撮影に入った。今上映中である『私は殺人犯だ』がまさにその作品だ。『清潭洞アリス』が『王女の男』以後の2作目だが、台本を見たとき感じが良かった。キャラクター自体が魅力があるように近づいてきて、何かを見せることができると思った」と話した。

 引き続き「チャ・スンジョ役は今まで演じたキャラクターが全て合わさっている。壊れることも含まれている。今回のドラマで思いっきり壊れる姿をお見せするだろう。バカな姿がたくさん登場するようだ。友人にだけ見せていた実際の姿で自然に演じている」と話した。また、「前に演じたドラマより感情の幅がとても広く、視聴者にさまざまな姿を見せられるはずだ」と自身のキャラクターに対する自信を見せた。

 理想的な配偶者についての質問には「夫が安心して暮らせるように自信を与えてくれる賢い女性がいい」と答えつつ、「初めての出会いで感じが良い女性もいい」とも付け加えた。チャ・スンジョのキャラクターが条件なしで愛することに対して「愛は経験してこそわかるようだ。真の愛は交通事故のように近づくらしい。だから待っている。そのような感じが生まれる愛はいつ近づいてくるだろうか? 一生現れないかもしれない。交通事故のような愛を感じたい。経験してからお話しする」と語った。

 「清潭洞アリス」は平凡な女性が清潭洞マダムになるための計画を繰り広げるストーリーで、真の結婚の条件と幸せについての話を含んだドラマ。(Jpictures Syndicate)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 28日
  5. パク・シフ、交通事故のような愛を感じたい!?理想の女性像について明かす<韓国JPICTURES>