シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『私のPSパートナー』チソン、キム・アジュン 愛の前ではばかにもなれる<韓国JPICTURES>

『私のPSパートナー』チソン、キム・アジュン 愛の前ではばかにもなれる<韓国JPICTURES>
ロマコメ映画『私のPSパートナー』マスコミ試写会でのチソンとキム・アジュン - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 27日 JPICTURES]俳優チソンとキム・アジュンが「愛の前ではばかにもなれる」と話した。11月27日、ソウル城東(ソンドン)区往十里(ワンシムリ)CGVで、ロマンチックコメディー映画『私のPSパートナー』マスコミ試写会が行われた。愛の前では純情だが、裏では陰湿で凶悪な普通の男ヒョンスンを演じたチソンと、表向きは純真なふりをしているが、実は全て知っている普通の女ユンジョンを演じたキム・アジュンは「映画の中のキャラクターのように、愛の前でばかになれるか?」という記者の質問に、二人とも「恋愛すればばかになる」と答えた。

 チソンは「愛の前ではどんなことでもできます。ばかな姿を見せるのは難しくない。今日映画を初めて観たけれど、わたしの姿は本当にくだらなかったよ。くだらないキャラクターの姿が残念で痛ましい。撮影しながらどんな姿が合うかわからなくて困りました。その部分が最も難しかった。ビョン・ソンヒョン監督とたくさん相談して困難を克服し、毎シーン気持ち良く撮影しました。今までとは違うわたしの姿を感じることができました」と語った。

 キム・アジュンは「実際に恋愛しながら、くだらない姿をたくさん見せたようです。映画を観ながら『わたしもああだった……』と共感しました。わたしも恋愛しているときはくだらない瞬間が多い」と打ち明けた。さらに「題材が刺激的だけれど、実際観れば意外な情緒がいっぱい含まれています。わたしが演じたユンジョンが、平凡でありながらも、もどかしく哀れに見えさえしました。ビョン監督に、ばかなユンジョンのキャラクターに対して不満を吐露することもありました。一瞬一瞬、最善を尽くして撮影しました」と付け加えた。

 『私のPSパートナー』は無関心な彼氏に魅力を振りまくため、サプライズイベントを準備したユンジョン(キム・アジュン)と、別れた彼女にすてきな新しい男ができたという知らせを聞いたヒョンスン(チソン)が、間違ってつながった一本の電話から互いに恋愛相談をするようになり、真の愛に目覚めるという隠密で大胆な19禁携帯スキャンダルを取り扱った作品だ。『The beat goes on』を演出したビョン・ソンヒョン監督がメガホンを取っている。(Jpictures Syndicate)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 29日
  5. 『私のPSパートナー』チソン、キム・アジュン 愛の前ではばかにもなれる<韓国JPICTURES>