シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

佐々木蔵之介、塚地武雅、森田監督の「秘蔵っ子」として飛躍を誓う!

佐々木蔵之介、塚地武雅、森田監督の「秘蔵っ子」として飛躍を誓う!
森田監督への感謝を語った佐々木蔵之介(左)と塚地武雅

 9日、昨年12月に逝去した森田芳光監督の魅力に迫ったムック本「ぴあ 森田芳光祭<まつり>~全員集合!モリタ監督トリビュート~」発売を記念したトークイベントが、銀座シネパトスにて行われ、映画『間宮兄弟』で兄弟役を演じた佐々木蔵之介と塚地武雅が出席した。

 「森田監督の秘蔵っ子、俳優の塚地です」と胸を張って自己紹介した塚地は満面の笑顔で「どこの馬の骨かも分からないような人間に芝居をさせようと思うなんて、どうかしていますよ。でも『間宮兄弟』のおかげで、その後、色々な芝居をやらせてもらえるようになった。人生が変わりました」と森田監督への感謝を述べた。

 一方の佐々木も「映画監督に映画の現場を教えていただいたという印象が強いです。(森田)監督はきっちりと頭の中に絵が出来ていた人。大きいスクリーンの中で(役者が)どう立つかを現場で教えていただきました」と俳優人生に大きな影響を与えてくれたことを語った。

 そんな森田監督が映画『間宮兄弟』を通じて伝えたかったことが「おもてなし」の心だったという。「子どもの頃に、サングラスにオールバックの姿を見ていたので、メッチャ怖い人だと思っていたんですが、とてもシャイな方で、最初は目も合わせてくれなかったんですよ」と当時を振り返った塚地だが、「ほぼ映画の世界を知らない僕が、最初からしんどいシーンの撮影だったら、嫌になってしまうかもしれないので、(撮影の順番を変えて)校庭で水をまくシーンにしてくれたって後から聞いて……。愛のある監督だなって感じました」とほのぼのとしたエピソードを披露。すると佐々木も「僕たちキャストは本当に監督をはじめスタッフに『おもてなし』していただいた印象が強かったので、それを芝居で返したいって気持ちが強かった」と監督の意思が、良い作品作りへとつながっていったことを強調した。

 「(森田監督が)天国で観ていてくれていると思うので、秘蔵っ子として、これからも頑張っていきたい」と力強く語った塚地と佐々木に、場内からは大きな拍手が巻き起こった。(磯部正和)

「ぴあ 森田芳光祭<まつり>~全員集合!モリタ監督トリビュート~」はぴあ株式会社より発売中(税込:1,470円)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 12月
  4. 9日
  5. 佐々木蔵之介、塚地武雅、森田監督の「秘蔵っ子」として飛躍を誓う!