シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

スパイク・リー監督、『ジャンゴ 繋がれざる者』は祖先に対して冒涜、観るつもりはないと発言

スパイク・リー監督、『ジャンゴ 繋がれざる者』は祖先に対して冒涜、観るつもりはないと発言
これは祖先に対する冒涜だ。俺は観ないぞ - スパイク・リー監督 - Shareif Ziyadat / FilmMagic / Getty Images

 スパイク・リー監督は、12月25日より全米公開されるクエンティン・タランティーノ監督作『ジャンゴ 繋がれざる者』について、「祖先に対して冒涜的な映画だ」とコメント、映画を観るつもりはないとVibeの取材にて明かしている。

 『ジャンゴ 繋がれざる者』は、19世紀を舞台に、ジェイミー・フォックス演じる元奴隷のジャンゴが、妻を取り戻すためにレオナルド・ディカプリオ演じる農園の領主に復讐劇を仕掛けるというストーリー。

 リー監督はVibeの取材にて、「『ジャンゴ 繋がれざる者』についての話はできないよ。観るつもりがないからね。これは、僕の祖先に対して冒涜的な映画だ。あくまで僕の私見で、何の代表意見でもなんでもないけど」とコメント。

 その後、賛否が寄せられた自身のツイッターにて、「アメリカの奴隷制は、セルジオ・レオーネが描く西部劇なんかじゃなく、ホロコーストなんだ。僕の祖先は、アフリカから盗み出された奴隷たちだ。僕は祖先に敬意を抱いている」とコメントを書き込んでいる。

 リー監督は、今年8月に、ブルックリンのレッドフックの住居建物を舞台に、アトランタから来た少年と祖父の関係を描いた映画『レッド・フック・サマー(原題) / Red Hook Summer』がアメリカで限定公開された。現在は、リメイク版『オールドボーイ』がポストプロダクション作業中で、また、2006年の監督作『インサイド・マン』の続編の製作が決定している。(鯨岡孝子)

スパイク・リーのツイッターアカウント:
https://twitter.com/SpikeLee


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 12月
  4. 26日
  5. スパイク・リー監督、『ジャンゴ 繋がれざる者』は祖先に対して冒涜、観るつもりはないと発言