シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

トム・クルーズ主演『アウトロー』の製作秘話(1/2)

トム・クルーズ主演『アウトロー』の製作秘話
(左から)デヴィッド・オイェロウォ、ロザムンド・パイク、クリストファー・マッカリー監督、リー・チャイルド

 映画『ユージュアル・サスペクツ』でオスカーを受賞したクリストファー・マッカリーが、人気俳優トム・クルーズとタッグを組んだ監督作『アウトロー』について、作家リー・チャイルド、女優ロザムンド・パイク、男優デヴィッド・オイェロウォと共に語った。

 同作は、ピッツバーグで一般市民5名が、無差別な銃撃で命を落とす事件が発生。警察は事件発生後すぐに元軍人で腕利きのスナイパー、ジェームズ(ジョセフ・シコラ)を容疑者として拘束するが、彼は容疑を否認し、退役軍人で現在は流れ者のジャック(トム・クルーズ)へ連絡するように頼んだことで、事件の真相が暴かれていくアクション/スリラー作品。イギリス人作家リー・チャイルドの「ジャック・リーチャー」シリーズの小説「ワン・ショット(原題)/ One Shot」を映画化したもので、ロザムンド・パイクは弁護士ヘレン、デヴィッド・オイェロウォは捜査官エマーソンを演じている。

 原作のジャックは190cm以上の大男だが、トム・クルーズの出演経緯についてクリストファー監督は「僕とプロデューサーのドン・グレンジャーは、知名度のある俳優をキャストすれば、この映画が製作できると考えていた。それに主人公のように身長190cm以上、体重114kg、しかも青い目をしたアメリカ人の俳優なんて居なかったし、最初から誰をキャストしようとも、原作のファンから批判を受けることもわかっていた。そのため、主人公の身体面では妥協するが、それ以外はどんな要素も妥協せずにやろうと思ったんだ。さらに原作では、ジャックの思考能力と人々への対応が魅力で、僕自身はそれほど身体的なことを気にしなかったから、トムがこの役に興味を示した時点で、彼をキャストすることに決めた」と明かした。

 ジャックとヘレンの関係についてロザムンドは「流れ者のジャックは、訪れるどこの街ででも、周りとは違った行動を取るタイプで、社交的ではないし、きっちりとした振る舞いもしない。そのため、ヘレンはジャックの行動に事あるごとに驚かされるの。ヘレン自身は有能で熟練した弁護士だけれど、ジャックのような頭の回転の速さを持ち合わせてないことが、彼女をイライラさせるの。それは、まるで数学ができる女の子が、数学者に会ったような感じね。でも、わたしがこの役を気に入った点は、映画で観る弁護士は、大抵は状況をしっかりコントロールできているけれど、今作のヘレンは、普段弁護士がやらないことまで、ジャックに強制的にやらされるはめになっていくところなの」と語るように、そんな常識外れのジャックと型にはまったヘレンの関係が面白い。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 12月
  4. 30日
  5. トム・クルーズ主演『アウトロー』の製作秘話