シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アメリカで最も影響力のある映画批評家が選ぶ今年のトップ10作品は?

アメリカで最も影響力のある映画批評家が選ぶ今年のトップ10作品は?
オスカーノミネートは確実といわれるベン・アフレック監督作が1位に! - 映画『アルゴ』より - (C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 1967年以来、シカゴ・サンタイムズ紙で映画批評を執筆してきた、ピューリッツァー賞の受賞経験もあるロジャー・エバートが、同紙上で、2012年にアメリカで公開された映画トップ10を発表した。

 エバートの選考は以下の通り。

 1位 『アルゴ』 ベン・アフレック監督
 2位 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 アン・リー監督
 3位 『リンカーン』 スティーヴン・スピルバーグ監督
 4位 『エンド・オブ・ウォッチ(原題) / End Of Watch』 デヴィッド・エアー監督
 5位 『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』 ニコラス・ジャレッキー監督
 6位 『フライト』 ロバート・ゼメキス監督
 7位 『ザ・セッションズ(原題) / The Sessions』 ベン・リューイン監督
 8位 『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』 ベン・ザイトリン監督
 9位 『オスロ、31. オーガスト(原題) / Oslo, 31. august』 ヨアヒム・トリアー監督
 10位 『桃(タオ)さんのしあわせ』 アン・ホイ監督

 1位の独立系作品『アルゴ』は注目すべき選考で、エバートの影響がアカデミー賞にも反映され、オスカー作品のノミネートはほぼ確実視されている。さらに2、3位はハリウッドの大作で、両作品ともあらゆる観点から見どころ満載の映画で、無難な選択に思えた。次に、サンダンス映画祭で話題になった『ザ・セッションズ(原題)』、『ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~』、そして海外の2作『オスロ、31. オーガスト(原題)』や『桃(タオ)さんのしあわせ』の選考は、いかに彼が幅広い視野で鑑賞しているかうかがえる。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

映画『アルゴ』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 12月
  4. 29日
  5. アメリカで最も影響力のある映画批評家が選ぶ今年のトップ10作品は?