シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「SMASH」のアンジェリカ・ヒューストン 動物愛護団体が選ぶ2012年パーソン・オブ・ザ・イヤーに

「SMASH」のアンジェリカ・ヒューストン 動物愛護団体が選ぶ2012年パーソン・オブ・ザ・イヤーに
動物愛護団体が選ぶパーソン・オブ・ザ・イヤーに! - アンジェリカ・ヒューストン

 テレビドラマ「SMASH」のアンジェリカ・ヒューストンがPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)の2012年パーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたとE! Newsなど複数のメディアが報じた。

 「アンジェリカ・ヒューストンは動物全般の良き友であり、2012年のPETAパーソン・オブ・ザ・イヤーにふさわしい人物です」とPETAのスポークスマン、ウェンディ・ウェグナーはコメント。アンジェリカはテレビコマーシャルなどで無理やり演技をさせられているチンパンジーの扱いに抗議するビデオを製作し、これを観たアメリカの大手広告会社10社は今後チンパンジーを広告に起用しない規約を制定している。

 このほかにも、ニューヨークのセントラルパークの風物詩となっている馬車馬の扱いのひどさにも声をあげ、ファッションに毛皮を取り入れないよう呼びかけも行っている。「わたしは毛皮を着るのが当たりまえのアイルランドで育ちました。でも、ミンクやフォックスが小さくて汚いケージに入れられ、共食いするほどの環境にあることを知り、考えを変えたんです」と語っている。

 過去には、ビル・クリントン、エレン・デジェネレス、パメラ・アンダーソンなどがPETAパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 14日
  5. 「SMASH」のアンジェリカ・ヒューストン 動物愛護団体が選ぶ2012年パーソン・オブ・ザ・イヤーに