シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

映画『ベルリン』壮絶なアクションに、主演俳優が現場は処刑場とポロリ<韓国JPICTURES>

映画『ベルリン』壮絶なアクションに、主演俳優が現場は処刑場とポロリ<韓国JPICTURES>
映画『ベルリン』製作報告会の様子 - 左からハ・ジョンウ、リュ・スンワン監督、チョン・ジヒョン、リュ・スンボム - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 7日 JPICTURES]リュ・スンワン監督の映画『ベルリン』がベールを脱いだ。現地時間7日、リュ・スンワン監督を含め、ハ・ジョンウ、リュ・スンボム、チョン・ジヒョンなど、主演俳優陣が狎鴎亭(アックジョン)CGVで開かれた製作報告会に出席し、映画の企画意図とキャラクター、撮影エピソードなどについて語った。

 リュ・スンワン監督は映像インタビューを通じて「ベルリン映画祭参加のため現地へ行き、冷戦時代の残像が残っている都市ベルリンで謎めいた人々を見て、映画を構想することになった」と語りつつ、映画の豪快なアクションに関する難しさも打ち明けた。

 リュ・スンワン監督とタッグを組み、豪快なアナログアクションを作り出してきたチョン・ドゥホン武術監督は「アクションの演出に気を使った。他の映画とは距離を置こうと努力した。20回以上も呼吸を合わせるほどだった。とてもプレッシャーだった」と明かした。編集担当者は「アクションと同じく人間的な部分、特にピョ・ジョンソン(ハ・ジョンウ)とチョン・ジンス(ハン・ソッキュ)の関係、ピョ・ジョンソンとリョン・ジョンヒ(チョン・ジヒョン)の切なさなどに焦点を絞った」と語った。

 ハ・ジョンウは「遊園地のバイキングでさえ苦手なので、ワイヤーアクション撮影日には処刑場に連れて行かれる思いでセットに向かった。全てを捨てて撮影に臨んだ」と吐露した。チョン・ジヒョンは「昨年から作品運がある。今回の作品もヒットし、人気を集めると思う」と作品への信頼を強調した。

 映画『ベルリン』は生きて帰ることができない都市ベルリンを背景に繰り広げられる精鋭秘密要員たちの息の詰まる対決を描いた作品。ベルリンを舞台に、目的のため互いを標的にした人々が繰り広げるアクションが見どころの大型アクションプロジェクトだ。ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ、リュ・スンボム、チョン・ジヒョン等、トップスターが出演し、公開前から関心を集めている。(Jpictures Syndicate)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 9日
  5. 映画『ベルリン』壮絶なアクションに、主演俳優が現場は処刑場とポロリ<韓国JPICTURES>