シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

宮崎あおいと向井理の考える夫婦円満の秘けつとは…?

宮崎あおいと向井理の考える夫婦円満の秘けつとは…?
包み込むような優しさを持つ芸術家肌のムコさんと、予測不可能な思考回路で周囲を魅了するツマさん。まったく異なるタイプの夫婦の化学反応が魅力的 - 撮影:高野広美

 初共演にして絶妙な夫婦らしさを見せた『きいろいゾウ』の宮崎あおいと向井理が、2006年の単行本発売以来ロングセラーを続ける西加奈子の人気小説を映画化した本作の公開を前に、夫婦間のコミュニケーションの難しさと魅力を語った。
 
 庭に生えるソテツから近所のヤギや犬の声まで聞こえるという少々エキセントリックな若妻“ツマ”を演じた宮崎と、老人ホームで働きながら小説を書く夫“ムコ”役の向井。もともと原作のファンで「きれいな日本語の中に関西弁のかわいらしいニュアンスが入っていたり、ちょっと毒のあるところが好み」という宮崎は、ノーメイクに近いナチュラルメイクで撮影に臨んでいる。
 
 原作者である西が自ら描き下ろしたイラスト画がアニメーションとして使われるなど、ファンタジックな演出が施されている一方で、これは一組の男女がコミュニケーションに悩む映画。秘密や不安を抱えながらも、関係を守りたいがゆえにそれを相手に直接ぶつけ合うことができず会話は減っていく……。それだけに「ファンタジーを演じているつもりはなかった。基本的にはとても生々しい人間のドラマを表現したかったんです」と向井は語る。

 それを象徴する見せ場の一つが、ツマとムコが海へ向かう車内でのシーン。「あのシーンではなかなか自分が思うように演じられない歯がゆさと、ツマさんのもどかしい気持ちが重なって……。あれは本当に口惜しくてイライラしている顔なんです(笑)」と宮崎。対する向井もいわく「その気持ちをぶつけられたムコさんがイラッとして見える部分も、きっと本当にイラッとしていたんだと思います……(笑)」。お互いに体当たりで挑んだことを明かした。

 生々しさをそのままにさらけ出すのではなく、ファンタジーというフィルターを通すことで、彼らの痛みや苦しみ、喜びはより鮮やかに伝わってくる。その不思議な映像感覚をぜひ劇場で体験して欲しい。(取材・文:那須千里)

映画『きいろいゾウ』は2月2日より全国公開


【関連情報】
関連作品
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 1日
  5. 宮崎あおいと向井理の考える夫婦円満の秘けつとは…?