シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ライアン・ゴズリング、バックストリート・ボーイズに入っていたかも!驚きの過去を告白

ライアン・ゴズリング、バックストリート・ボーイズに入っていたかも!驚きの過去を告白
バックストリート・ボーイズに入り損ねたライアン・ゴズリング - Steve Granitz - WireImage - Getty Images

 映画『ドライヴ』のライアン・ゴズリングが、バックストリート・ボーイズのメンバーになっていた可能性があったことがわかった。子ども番組「ミッキー・マウス・クラブ」に出演していたころ、バックストリート・ボーイズを結成したばかりのA.J.と同じ場所に住んでいたと、ライアン自身がCelebuzzのインタビューで明かした。

 A.J.は自分たちがどれだけビッグになるかをライアンに語ったが、ライアンは「すでに(男性5人組のアイドルグループ)ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックがあるじゃないか。有名になるわけがない」と考え、耳を貸さなかったとのこと。しかし、その後バックストリート・ボーイズが世界的なグループになったことを受け「僕は間違っていたよ……」とため息交じりに語っている。

 インタビュアーから、バックストリート・ボーイズに入らなかったことを後悔しているかと問われたライアンは「僕は過去に生きているわけじゃない。その機会は去ったんだ」と回答。ビッグになったA.J.に電話をしたが2度と返答はなかったと明かし「そのことはもう考えないようにしている」と冗談めかして続けている。

 これに対し、インタビューを読んだというA.J.は「ライアン、電話を掛け直さなくて本当にごめん。連絡先がわからなかっただけなんだ。今度ジムで会ったら番号を交換しよう。もし6人目のメンバーが必要になったら電話するから!」とTMZ.comにコメント。「ライアンは歌えるんだ。彼はハンサムで素晴らしい俳優ってだけじゃないんだよ」と歌手としてのライアンの才能に太鼓判を押している。(編集部・市川遥)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 17日
  5. ライアン・ゴズリング、バックストリート・ボーイズに入っていたかも!驚きの過去を告白