シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

森山未來&多部未華子、「勝手に演劇大賞2012」受賞!

森山未來&多部未華子、「勝手に演劇大賞2012」受賞!
森山未來&多部未華子が「勝手に演劇大賞2012」を受賞!

 21日、WOWOWの無料放送番組「渋谷LIVE!ザ・プライムショー」が、2012年に上演された作品の中から視聴者が輝いていたと思う人と作品を選ぶ「勝手に演劇大賞2012」が発表され、プライム男優賞を森山未來、プライム女優賞を多部未華子が受賞した。森山は21日の同番組内でトロフィーを受け取り、受賞の喜びを語った。

 クリスタルでできたトロフィーを手にした森山は、しげしげとそれをのぞき込むと、「クリスタルってこういう光り方をするんだ」と無邪気な反応。手塚治虫の作品を題材としたダンス・ステージ「テ ヅカ TeZukA」、映画化作品でも知られる「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」、2作での受賞となったが、「大きな出会いだった二つなので、評価してもらえてうれしい」と胸の内を語った。

 「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」はプライム作品賞も受賞。森山は「これまでの作品のファンにも新しいファンにも楽しんでもらいたくて、(演出の)大根(仁)さんにお願いして一緒に作っていきました」と回想。他にも訳詞を担当したスガシカオ、音楽監督の岩崎太整には森山自ら依頼したといい、喜びもひとしおであることを明かしていた。

 一方、「テ ヅカ TeZukA」に関しては、「手塚作品をむさぼるように読んでいたので、関わることができてうれしかった。すごく頭を柔らかくしてくれた作品で、日本でもうちょっとやってほしいし、日本の人にもっと触れてほしい」と話し、再演を希望した。

 今後の抱負について、「自分がこれに突っ込んでいったら面白いと思ったものを評価してもらえたから、そういう感じでこれからもやっていきたい」と語った森山。現在も、自身の「感性が向かわせた」というミュージカル「100万回生きたねこ」に出演中で、演劇の場での活躍を続けている。(取材・文:長谷川亮)

受賞結果は以下の通り。

■プライム男優賞
森山未來 「テ ヅカ TeZukA」「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
■プライム女優賞
多部未華子 「サロメ」「ふくすけ」
■プライム演出家賞
いのうえひでのり 「サイケデリック・ペイン」ほか
■プライム作品賞「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 21日
  5. 森山未來&多部未華子、「勝手に演劇大賞2012」受賞!