シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ドーピング告白ランス・アームストロング伝記、J・J・エイブラムスが映画化

ドーピング告白ランス・アームストロング伝記、J・J・エイブラムスが映画化
ランス・アームストロング×J・J・エイブラムス! - Jesse Grant / WireImage / Getty Images, Steven Lawton / FilmMagic / Getty Images

 現地時間17日と18日の2夜連続で放送された「the Oprah Winfrey Network」でドーピングを告白した元自転車プロ・ロードレース選手ランス・アームストロングの伝記映画を、J・J・エイブラムスが製作することが明らかになった。The Hollywood Reporterが報じた。

 ランスは、脳にまで転移していたガンを克服し、1999年から2005年まで、ツール・ド・フランスで7連覇を果たした人物として著名だったが、ドーピングを告発され、2012年10月に国際自転車競技連合(UCI)よりタイトル剥奪と永久追放の処分を受けていた。現地時間2013年1月17日、18日の2夜連続で放送された「the Oprah Winfrey Network」で自らドーピングを認めたことも話題になっている。

 映画の原作は、全米で6月に発売されるThe New York Timesのスポーツ記者ジュリエット・マカーの著書「Cycle of Lies: The Fall of Lance Armstrong」。パラマウント・ピクチャーズとJ・J・エイブラムスが代表を務めるバッド・ロボット・プロダクションズが、映画化権を獲得したという。原作は、ランスのガン克服からツール・ド・フランスでの7連覇、ドーピング問題までを含む内容になっているとのことで、映画もランスの栄光と挫折を描くものとなりそうだ。(編集部・島村幸恵)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 21日
  5. ドーピング告白ランス・アームストロング伝記、J・J・エイブラムスが映画化