シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

橋本愛、撮影中はボロボロだった…共演者に謝罪も

橋本愛、撮影中はボロボロだった…共演者に謝罪も
「撮影中はボロボロだった」と明かしながらも舞台あいさつでは笑顔を見せた橋本愛

 26日、新宿ピカデリーで映画『さよならドビュッシー』初日舞台あいさつが行われ、橋本愛が撮影中の自身について「ボロボロな人間だった」と明かした。この日はほかに、清塚信也、ミッキー・カーチス、主題歌を歌う泉沙世子、利重剛監督が登壇した。

 第8回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた中山七里の小説を映画化した本作。主演を務めた橋本は「わたし、この映画の撮影時期はボロボロな人間だったんですよ。自分がこの映画のスタッフだったら、こんな女優は嫌だったろうなと思います」と述懐。突然の告白に会場が驚く中、「でも、そのときに監督が笑顔でいてくれたんです。出来上がった作品を観たら、米粒のような自分を高いところから見ていてくださっていたんだなと思えて。試写を観て、感謝の気持ちで涙が出たのが初めてでした」と心境を明かした。

 その言葉を受けた利重監督は「光栄です」とコメント。「現場では、彼女とはそんなに話をすることなく、そっとしておいたんです。精神的、肉体的にも困難な試練を乗り越えてもらいました。そんな彼女の姿を丁寧にまとめるのが僕の仕事。その出来上がりを喜んでくれてよかった」とホッとした表情を浮かべた。

 その一方で、共演者の清塚は「目力がすごいんで、怒られているのかと思った」と撮影中の橋本の様子を冗談交じりに評する。「10回話しかけたうちの1回か2回リアクションがあるだけで、あとはスルーされた」と笑いながら「でも時々優しい笑顔を見せてくれるんですよ! その一瞬がうれしくて。でも太陽が出たと思ったら、すぐにロシアの冬みたいな感じになる」と明かした。

 その言葉に橋本は「仕方なかったんです、すみません」と照れくさそうに謝罪。それでも苦難を乗り越えただけあって本作には非常に愛着があるらしく、「わたしはこの映画を観て、足首についた重りを取ってもらったような気持ちになりました」と明かすと、舞台あいさつが終わった後もしばらくの間、観客に向かって深々と頭を下げ続けていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『さよならドビュッシー』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 26日
  5. 橋本愛、撮影中はボロボロだった…共演者に謝罪も