シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

テレビドラマ「バビロン5」の脚本家J・マイケル・ストラジンスキーが監督デビューへ

テレビドラマ「バビロン5」の脚本家J・マイケル・ストラジンスキーが監督デビューへ
J・マイケル・ストラジンスキー - Mark Sullivan / WireImage / Getty Images

 テレビドラマ「バビロン5」や映画『チェンジリング』『マイティ・ソー』などの脚本家、J・マイケル・ストラジンスキーが、監督デビューを果たすことになったとVarietyが報じた。

 作品は、自ら脚本を手がけた『ザ・フリッカリング・ライト(原題) / The Flickering Light』で、ナチス時代に建設された、ロマ民族を収容するマルツァーン強制収容所の捕虜たちを描いたもの。ロマの捕虜たちは、ナチスドイツのプロパガンダ映画として、レニ・リーフェンシュタール監督が製作した1942年の映画『ティーフランド(原題) / Tiefland』に、強制的に俳優として出演させられている。

 ストラジンスキーは、「トワイライト・ゾーン」や「ジェシカおばさんの事件簿」などのテレビシリーズの数話のストーリーも手がけ、また、「スタートレック」や「アメイジング・スパイダーマン」などのコミックの原作者の一人でもあり、多岐にわたるジャンルで活躍してきた。

 撮影は今年11月に開始予定。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 6日
  5. テレビドラマ「バビロン5」の脚本家J・マイケル・ストラジンスキーが監督デビューへ