シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

綾野剛、ゲイ役再び! 入魂の役づくりを告白

綾野剛、ゲイ役再び! 入魂の役づくりを告白
綾野剛

 映画『横道世之介』でゲイ役を務めた綾野剛が7日、新宿ピカデリーで行われた同作の完成披露試写会に出席し、役づくりの苦労を明かした。

 主人公をはじめ濃いキャラクターの面々が魅力の一つとなっている本作。綾野は主人公の同級生でゲイを好演。昨年放送されたドラマ「クレオパトラな女たち」でもゲイ役は経験済みだが、演じるに当たりためらいがあったことを明かし、「役づくりでその道のプロにお伺いをたてて、浅はかなことを言ってお叱りも受けました。(撮影では)なるべく起きていることに溶け込んでいくように、監督の演出を介してただ彼を存在させていくことに一生懸命でした」と振り返った。

 一方、吉高由里子が演じたヒロイン・与謝野祥子は、自分のことを「わたくし」と呼ぶお嬢様という設定。なれない言葉でNGを出してしまい反省したことがあったそうで、「これはちゃんとしなきゃいけないと思ってプライベートでも『わたくし』と言っていました」と述懐。MCから「周りが変に思いませんでしたか?」と突っ込まれるも、「わたしの周りの人たちはそこをそっとする人たちが多いので」と話し、笑いを誘った。

 また、本作の主演で、沖田修一監督と4度目のタッグとなる高良健吾は、「沖田組は大好きで主演で呼んでくれたことがうれしくて、台本も読まずに出演を決めました」とコメント。本作への思いも熱く、撮影を「幸せな時間だった」と噛みしめるように語った。

 『横道世之介』は、映画『パレード』『悪人』のほか、今年公開を控えている『さよなら渓谷』の原作で知られる吉田修一の同名小説の映画化作品。大学でサンバサークルに入った主人公・横道世之介(高良)が、不器用ながらも真っすぐと生きていく姿を描く。 (取材・文:中村好伸)

映画『横道世之介』は2月23日より新宿ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 7日
  5. 綾野剛、ゲイ役再び! 入魂の役づくりを告白