シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『バージニア・ウルフなんかこわくない』の故リチャード・バートンがハリウッド殿堂入り、故エリザベス・テイラーの横に名が刻まれる!

『バージニア・ウルフなんかこわくない』の故リチャード・バートンがハリウッド殿堂入り、故エリザベス・テイラーの横に名が刻まれる!
二人の愛は永遠に…… - エリザベス・テイラーさんとリチャード・バートンさん - Express / Getty Images

 映画『クレオパトラ』、『バージニア・ウルフなんかこわくない』などでおなじみの名優故リチャード・バートンが、ハリウッド殿堂入りを果たすことがThe Hollywood Chamber of Commerce(ハリウッド商工会議所)によって明らかになった。

 これは、映画『クレオパトラ』の公開50周年を記念して、3月1日(金)にハリウッド商工会議所主催による授賞式で、長年スクリーンで共演した元妻故エリザベス・テイラーの横に、リチャード・バートンの名が刻まれることになったようだ。

 リチャード・バートンは、1925年イギリスのウェールズ生まれ。母親が2歳のときに亡くなるが、彼の教師フィリップ・バートンの養子となり、オックスフォード大学で、空軍の士官候補生として学ぶが、舞台に興味を持ち1943年にリヴァプールで舞台デビュー。

 その後、映画デビューも果たし、1952年の映画『謎の佳人レイチェル』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。(アカデミー賞には計7回ノミネートされたが、一度も受賞していない)

 そして1963年に、映画『クレオパトラ』でエリザベス・テイラーとの運命的な出会いから恋が芽生えたが、当初リチャードは女優シビル・ウィリアムズと結婚していたため、スキャンダルとなった。結局彼は、シビル・ウィリアムズと離婚し、エリザベス・テイラーと再婚。彼女とは映画『バージニア・ウルフなんかこわくない』、『じゃじゃ馬ならし』などを含めた7作で共演、当時ハリウッドで最も有名なカップルだった。そして、エリザベス・テイラーとは2度の結婚離婚を繰り返し、1984年に脳出血でジュネーブで亡くなっている。

 永遠のスクリーンのカップルは、死後もそばに居ることになるようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 19日
  5. 『バージニア・ウルフなんかこわくない』の故リチャード・バートンがハリウッド殿堂入り、故エリザベス・テイラーの横に名が刻まれる!