シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

T.M.西川貴教、アニメはポップカルチャーの最前線!あふれる愛をアピール!

T.M.西川貴教、アニメはポップカルチャーの最前線!あふれる愛をアピール!
あふれるアニメ愛を語ったT.M.Revolution西川貴教

 T.M.Revolutionこと西川貴教が21日、新宿バルト9で行われた文化庁の若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ2013」の完成披露試写会に出席し、日本アニメ発展のために尽力していく決意を語った。

 「アニメミライ」は未来を担うアニメーターを育てるべく2010年から始まったプロジェクト。国内のアニメ制作プロダクションからオリジナル企画を公募し、集まった中から選ばれた4社が、アニメーターを育成しながら25分ほどの短編として企画をアニメーション化。新宿バルト9など国内の劇場公開のほか、テレビ放送やネット配信を行う。

 3回目となる今回制作された作品は、株式会社ゴンゾの「龍 ‐RYO‐」、株式会社トリガーの「リトル ウィッチ アカデミア」、有限会社ZEXCSの「アルヴ・レズル」、株式会社マッドハウスによる「デスビリヤード」の4作品。

 昨年に引き続き、2年連続で同プロジェクトの広報大使を務める西川は「(今年は)昨年の2倍の数のプロダクションの方から応募がありました」と喜びの報告。続けて「諸外国から日本のポップカルチャーに注目していただいていますし、その最前線がこのアニメ制作現場ではないかと思っています」とアニメへの思いを語った。

 さらに西川は、資源もなく、産業も元気がなくなっている今だからこそ日本文化として注目されているアニメに力を入れ、輸出していくべきだと説明し「胸を張って発信していく中、われわれが担う重責も感じております。アニメを通じていろんな方々とつながっていく中で、これからも日本独自のものを出していきたい」と日本アニメの発展を願った。その一方で、ラインナップにある「龍 ‐RYO‐」で声優を務めていることも明かされると「偉そうにね」と謙遜していた。(取材・文:中村好伸)

「アニメミライ2013」は3月2日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 21日
  5. T.M.西川貴教、アニメはポップカルチャーの最前線!あふれる愛をアピール!