シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

SHINeeが「Dream Girl」で派手にカムバック!<韓国JPICTURES>

SHINeeが「Dream Girl」で派手にカムバック!<韓国JPICTURES>
カムバックを果たしたSHINee - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 20日 JPICTURES]「輝くSHINee」がさらにSHINeeらしくなった姿で、約1年ぶりにカムバックした。20日、ソウルオリンピック公園ハンドボール競技場で、カムバックショー「Dream Girl」を開催した彼らは、およそ3,000人のファンの前で派手にカムバックを果たした。

 「今回のアルバムには、一番SHINeeのカラーが出ています」と紹介した彼らはこの日、19日にリリースした3枚目のアルバムのタイトル曲「Dream Girl」や、同アルバム収録曲「方伯」「美しい」などをステージで初披露。また、ヒット曲「Replay」「Sherlock」「LUCIFER」などのパフォーマンスも繰り広げ、通常のコンサートにも負けない、盛りだくさんのステージで観客を魅了した。

 この日一番引き立っていた点はカラフルな衣装と、「Dream Girl」で披露したスタンドマイクを利用した新しい群舞(ダンス)だった。彼らは、特別に製作された高さ1.3メートル、重さ4キロのスタンドマイクを自由自在に回転させたり、乗り上がったりなど高度な技術を見せた。多くの練習量が必要とされる振り付けだが、彼らはステージで少しのミスもせず拍手喝采を浴びた。

 SHINeeは今回のパフォーマンスで、彼らならではの爽やかさと同時に、成熟さも見せた。音楽にもこのような成長と個性が盛り込まれ、彼らが常に披露してきたハーモニーと曲の雰囲気に、キャッチーさも加わっていた。カムバックショーの前に行われた記者会見では「今回のアルバムでは、皆さんにもう少し近づこうとしました。これまでの曲に少し難しい部分があったことは事実です。それで今回のタイトル曲を決めるときにとても悩みました」と打ち明けた。

 ジョンヒョンは「歌手なので、曲に対するフィードバックを考えざるを得ません。これまで皆さんが僕たちの曲を聞いて、ユニークだと感じられることが多々あったと思います。そのユニークな部分が僕たちを代表する何かになったとは思いますが、今回は多くを包むことができる音楽を聞かせたかった。『Dream Girl』でそれが達成できるはずです」と自信を見せた。(Jpictures Syndicate)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 22日
  5. SHINeeが「Dream Girl」で派手にカムバック!<韓国JPICTURES>