シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

一度は断られていた!若松孝二に直談判した男気俳優・瀧口亮二に直撃!

一度は断られていた!若松孝二に直談判した男気俳優・瀧口亮二に直撃!
「若松監督に恩返しをしたい」と熱く語った俳優・瀧口亮二 - (C) シネマトゥデイ/吉岡希鼓斗

 映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』『キャタピラー』などの若松孝二監督の遺作となった『千年の愉楽』に出演した瀧口亮二が、若松監督や共演した寺島しのぶ、高良健吾らとの撮影秘話などを語った。

 本作は、希代の男っぷりの良さで女たちに歓びを与えながら命を燃やし尽くした男たちのはかない生きざまと、そんな彼らの誕生から死までを見届けた産婆の人生を濃厚に描いた人間ドラマ。

 瀧口は、高良健吾演じる半蔵の仕事仲間を演じているが、本作の出演は自身が若松監督に直談判したことがきっかけだったという。「どうしても出演したくて若松プロに電話したら、偶然にも若松孝二監督本人が出て『おまえ、今頃電話しても遅いんだよ。アンテナが張れてないんだよ!』って断られちゃったんです」と笑う。しかし諦めきれず、再び連絡。約束を取り付けて助監督として現場での手伝いと役をゲットしたそうだ。

 現場では役者の送り迎えや、小道具作りなど「監督とプロフェッショナルな方たちとの間で何でもやった」という一方で、寺島しのぶ、佐野史郎といったベテラン俳優と、高良、染谷将太ら若手実力派の熱のこもった演技を目の当たりにして「俳優として刺激を受けたし、若松監督が納得するシーンを撮るためにスタッフも役者も全員が集中している。本当に現場は濃密な雰囲気が満ちていました」と振り返る。

 自然が好きで、田舎暮らしにも憧れるという瀧口。和菓子職人だった祖父譲りの腕で「ようかんや練り切りも自分で作れる」とのこと。男っぽい外見とは違った素顔ものぞかせる。今後『奇跡のリンゴ』『図書館戦争』など、端役とはいえ出演が続く。間もなく公開となる『千年の愉楽』について、「若松監督には本当にお世話になりました。この作品が無事公開されるまで、自分がお手伝いできることはしっかりして、恩返しをしたい」と語る。亡き巨匠への思いを抱いて、役者に邁進する彼が、今後どんな活躍していくのか、注目したい。(取材・文:前田かおり)

映画『千年の愉楽』は3月9日よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 8日
  5. 一度は断られていた!若松孝二に直談判した男気俳優・瀧口亮二に直撃!