シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブラマヨ吉田、俳優・塚地に嫉妬?やっかみ発言連発!

ブラマヨ吉田、俳優・塚地に嫉妬?やっかみ発言連発!
どちらもナイスな表情を見せた吉田敬と塚地武雅

 現在開催中の第五回沖縄国際映画祭で28日、映画『げんげ』の上映が行われ、主人公を演じる塚地武雅をはじめ、山田優、川島明(麒麟)、吉田敬(ブラックマヨネーズ)、角田陽一郎監督が登壇した。数シーンのみ出演の吉田が、俳優として評価を受ける塚地へのやっかみからか(?)苦言を呈する一幕もあった。

 この日の吉田は、壇上でマイクを持つとまず「ゴーヤ太郎です」「顔面海ぶどうです」「さとうニキビです」と3連発のボケのあいさつで笑いを取り、つかみはOK。「(舞台あいさつに)立たせてもらっていますけど、ほとんど出ておりません」とボヤきながら、「今日は僕と韓国の方(別会場でライブを行ったキム・ヒョンジュン)のファンばっかり来ていると思います」と再びボケてさらに観客を笑わせた。

 さらに吉田は、舞台あいさつ終盤で、わずか1泊2日で撮影が終わったにもかかわらず「このメンバーで会うのが今日で最後かと思うと……」と目頭を押さえてうそ泣き。さらに「またきっと『げんげ2』があると思いますので、『げんげ2』をお楽しみに!」と独断で続編の制作を決め、「最後まで観てくれないと、どうかしてるぜ!」とおなじみの決めゼリフで締めくくった。

 数シーンの出演で終わったフラストレーションがそうさせたのか、吉田はフォトセッションでも気合の入った表情を披露。さらに囲み会見では、主演の塚地に対し「アドリブでやり合うところで、いつもならツッコんでくれるのに役に入り切ってツッコむとかなくて『なんやねんコイツ!』と思った」と口撃を仕掛ける。

 しかし俳優・塚地は「いや、それ(演技に対して)は徹底しますよ」と受け流し、吉田と川島から演技を称賛されると「『この辺に言われても』みたいなところはあります」とここも余裕のリアクション。すると吉田は「やっぱり下に見とったんか!」と声を荒げたものの、「アドリブで『どうかしてるぜ!』を入れたのを後悔しています。反省点です」とも話し、より本格的な出演での役者業に意欲を燃やしていた。

 本作は神社で九つの願いごとをしたさえないサラリーマン(塚地)が夢の一つであった映画監督に任命され、夢をかなえていく姿を描く。(取材・文:長谷川亮)

第五回沖縄国際映画祭は3月30日まで沖縄コンベンションセンターほかにて開催


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 29日
  5. ブラマヨ吉田、俳優・塚地に嫉妬?やっかみ発言連発!