シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ゴリ、『探偵はBARにいる2』はハゲしすぎ?観たがる子どもに大人のウソ

ゴリ、『探偵はBARにいる2』はハゲしすぎ?観たがる子どもに大人のウソ
子どもに見せられないと嘆く!? ゴリ

 映画『探偵はBARにいる2 ~ススキノ大交差点~』が29日、現在開催中の第五回沖縄国際映画祭で上映され、同作にゲイのマサコちゃん役で出演するゴリ(ガレッジセール)と橋本一監督が舞台あいさつに登壇した。同映画祭で声優(『ジャックと天空の巨人』)、監督(『税金サイボーグ・イトマン』)と大活躍のゴリは、熱演したゲイ役の秘話や主演・大泉洋の裏話を明かし、ここでも会場を沸かせた。

 劇中では心優しきマサコちゃんを妖しく演じているゴリだが、この日はスクリーンと打って変わり、タキシードで登場。大ヒット作の続編ということで「プレッシャーで追い込まれた」と話すが、同時に「作品を観た後にこういう充実感、完成度の満足感があるのは久しぶりだなというぐらい頑張りました」と作品への手応えを語る。

 それだけ力のこもった仕事ということで、頑張る父の姿を見せようと自分の子どもたちを現場に連れていったというゴリ。しかし、「子どもが完成したら観たいと言っていたけれど、作品を観たら乳首とパンティーが出過ぎ。連れていけない」と橋本監督に恨み節。「いま(家族も)映画祭に来ているのに、『まだ完成していないんだ』と大人のウソをつきました」と家庭内の秘話も披露して爆笑を呼んだ。

 またゴリは、主演の大泉について「ものすごく気を使う、座長として素晴らしい方」と絶賛。橋本監督も「助手が一生懸命カメラのセッティングをしているとき、大泉さんが気を使って話し掛けたのですが、助手が集中していて『すいません、話し掛けないでください』って言われて、大泉さんもものすごく傷ついて『ゴメン』とか謝って車の中に入ってしまいました」と気の毒ながら大泉の人柄がうかがえる逸話を明かし、観客とゴリを笑わせた。

 最後には「お笑いもあればアクションもあるし、ヒューマンもあり感動、サスペンスもある。エンターテインメントの総合デパート」とゴリが言えば、橋本監督は「お金の掛かったぜいたくなお子さまランチ」と本作をPR。監督はさらに「夢だった映画監督になれて、映画を作れて本当によかった。子どものときの夢が映画になった感動を分かち合ってもらえれば」と夢を作る映画人らしいメッセージであいさつを締めくくった。

 本作は大泉洋が演じる探偵と松田龍平ふんする相棒・高田のコンビが事件を追う、人気シリーズの第2弾。(取材・文:長谷川亮)

第五回沖縄国際映画祭は3月30日まで沖縄コンベンションセンターほかにて開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 3月
  4. 29日
  5. ゴリ、『探偵はBARにいる2』はハゲしすぎ?観たがる子どもに大人のウソ