シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

インド映画、日本公開めぐり訴訟

インド映画、日本公開めぐり訴訟
訴えられたファラー・カーン監督

 2007年に製作されたインド映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』の日本公開に際し、全てのプリントから永久に削除するとされていたシーンが含まれた状態で公開されたとして、映画に出演したインドのベテラン俳優マノージュ・クマールが訴えを起こした。

 2日、メガホンを取ったファラー・カーンと製作、配給を手掛けたEros Internationalを相手取り、提訴したマノージュ。該当シーンをめぐっては、2008年にも裁判が行われており、裁判所はカーン監督とEros Internationalに対し、全てのプリント、テレビ放送用映像から該当シーンを削除するよう求めていたという。Oneindia Newsによると、マノージュは「わたしは2度彼らを許しましたが、3度目はありません。彼らはわたしを冒涜(ぼうとく)したのです」とコメントしているという。

 『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』は、インド国内で2007年の興行収入1位を記録した作品。“キング・オブ・ボリウッド”シャー・ルク・カーンと本作でデビューを飾ったディーピカー・パードゥコーンが共演し、ある俳優の前世からつながる恋の物語を描いている。3月16日より渋谷・シネマライズ、シネ・リーブル梅田にて公開されていた。(編集部・島村幸恵)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 4日
  5. インド映画、日本公開めぐり訴訟