シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

関ジャニ・錦戸、実はシャイ?堀北真希を“ちゃん付け”で呼べず

関ジャニ・錦戸、実はシャイ?堀北真希を“ちゃん付け”で呼べず
今は“ちゃん付け”で呼ばれている?-堀北真希

 関ジャニ∞の錦戸亮が17日、東京国際フォーラムで行われた映画『県庁おもてなし課』の舞台あいさつに初共演の堀北真希らと共に出席し、撮影中は照れくささのあまり堀北のことを“ちゃん付け”で呼べなかったと意外にシャイなエピソードを明かした。

 錦戸と堀北のほか、高良健吾、関めぐみ、船越英一郎、三宅喜重監督が出席したこの日の舞台あいさつ。錦戸は撮影中、堀北のことを、本人のいないところでは「真希ちゃん」と呼んでいたものの、本人のいるところではそうは呼べなかったことを告白。「最近呼べるようになったんです。なんでこれを(本人の)隣で言っているんだろう」と照れくさそうに明かした。

 しかし堀北は「今日気付きました」とあまり意に介していなかった様子。錦戸は「自然に言っていたから気付かないんですよ。2週間くらい前からちょこちょこ言っていました」とアピールし、高良が「堀北さん」と呼んでいたことが明かされると、「よし、俺は『真希さん』だった」と勝ち誇ったようにはにかんだ。

 また舞台あいさつでは、撮影中の裏話も明かされ、錦戸と堀北が関からバケツで水をかけられるシーンでは、錦戸だけが濡れるはずが、後ろにいた堀北までずぶ濡れになってしまい、3回も撮影をし直したことが明らかに。錦戸は「僕が小っちゃいから力不足でした。船越さんくらい(体格が)あれば、守れたかもしれないのに」と自虐的に反省。MCに「守ってもらいましたよね?」と問い掛けられた堀北は、「はい、ハートで」と錦戸のアピールに応えていた。

 『県庁おもてなし課』は、『図書館戦争』など映像化作品の絶えない人気作家・有川浩の小説を映画化した作品。高知県庁に実在する「おもてなし課」を舞台に、やる気はあるが頼りない若手職員・掛水(錦戸)と柔軟な発想力を持つアルバイトの多紀(堀北)らが、本当のおもてなしを見つけ出すべく奮闘する姿を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『県庁おもてなし課』は5月11日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 17日
  5. 関ジャニ・錦戸、実はシャイ?堀北真希を“ちゃん付け”で呼べず