シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

なぜ落選確定でも立候補するのか?泡沫候補の素顔に迫る選挙ドキュメンタリー公開!

なぜ落選確定でも立候補するのか?泡沫候補の素顔に迫る選挙ドキュメンタリー公開!
マック赤坂、外山恒一、羽柴秀吉などネットでも話題を集めた候補者が登場する - (C)2013 word&sentence

 当選の見込みが薄いとされながら、それでも選挙に立候補する「泡沫候補」と呼ばれる人々の目的と戦いに迫るドキュメンタリー『映画「立候補」』が、6月29日より劇場公開される。

 同作は、橋下徹大阪市長の鞍替え出馬に沸いた2011年の大阪府知事・大阪市長選挙を主な舞台に、スマイル党総裁のマック赤坂氏、「二十一世紀日本維新会」の中村勝氏、元大阪府職員の岸田修氏など、出馬時点で落選が決定しているような候補者たちにスポットを当てた選挙ドキュメンタリー。

 当選しないことはわかりきっているはずなのに、なぜ彼らは300万円の供託金を捨ててまで立候補をするのか。これが初ドキュメンタリー映画となる藤岡利充監督がその理由に迫りながら、人が「夢を追う」ことの意味を描き出す。本編には、2007年の東京都知事選における過激な政権放送が話題を呼んだ外山恒一氏、そして日本記録という15回の落選回数を持つ伝説の泡沫候補・羽柴秀吉氏も登場。近年ネット上でも話題を集める立候補者たちの素顔に迫る一本としても注目の作品だ。

 夏の参院選を控えた今年は、「観察映画」スタイルのドキュメンタリーで知られる想田和弘監督の『選挙2』、鈴木宗男を主演に迎えた『ムネオイズム2.0 ~愛と狂騒の13日間~』など、まさに選挙ドキュメンタリーの当たり年。作品を通して日本の選挙とは何なのか、投票に行くことがどんな意味を持つのかを、改めて見直す機会にもなりそうだ。(編集部・入倉功一)
 
『映画「立候補」』は6月29日よりポレポレ東中野にてレイトショー公開 全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 25日
  5. なぜ落選確定でも立候補するのか?泡沫候補の素顔に迫る選挙ドキュメンタリー公開!