シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

塚本高史、一歩踏み出せば世界が変わる!うつ病の人々にWOWOWドラマでエール

塚本高史、一歩踏み出せば世界が変わる!うつ病の人々にWOWOWドラマでエール
苦しんでいる人が、少しでも『がんばって生きてみようか』と思ってくれればと語った塚本高史

 5月12日よりスタートするWOWOW連続ドラマW「配達されたい私たち」の主演を務める塚本高史が「死を望む男が、誰と出会い、何を感じ、そしてどう変わっていくのか。そのプロセスをじっくり観てほしい」と作品をアピールした。

 本作は、『私をスキーに連れてって』『病院へ行こう』の脚本家・一色伸幸が自身のうつ病克服体験をもとに描いた異色のヒューマンコメディー。うつ病を患う主人公・澤野(塚本)は、あるキッカケから7年前に捨てられた7通の手紙を配り始め、行く先々で悲喜こもごものドラマに遭遇(そうぐう)、やがて貝のように閉じられた彼の心に変化が現れる。栗山千明、長谷川京子ほか、各話ごとに登場する豪華共演陣も見どころのひとつだ。

 一色とは2度目のタッグとなる塚本。今回のオファーを受けたとき、演じる澤野について「最初はうつ病=暗くて無口、何を考えているのかわからない、といった偏ったイメージしか持っていなかった。ところが台本を読んでみると、理屈っぽいことをよくしゃべるし、すごくアクティブ。これには正直驚いた」と述懐。さらに「生死について自分なりの考えをしっかり持っている男なので、思わず(視聴者は)納得しそうになる。それを正しい道に引き戻してくれるのが栗山さんの役目」と作品を分析する。

 理路整然と自分の死生観を語るアクティブなうつ病青年。一見、矛盾だらけのキャラクターにも思えるが、そこが狙いでもあると塚本は言う。「撮影に入る前、監督や一色さんと入念に話し合ったのですが、今回の主人公はヒーローではなく『ヒール(悪役)』なんだと。死ぬためにどうやって生きればいいのかを常に考えている底辺の男、こんな奴より自分の方がまだマシだ! と思ってもらえれば狙い通り」。つまり、リアルなうつ病患者ではなく、ドラマ映画用にデフォルメされた反面教師を作り上げたということだ。

 うつ病の青年が再生に向って歩んでいくというシリアスなテーマを根底に持ちながら、本作は時にコミカルに、時にファンタジックに、心の扉をノックする。「自分の足で一歩踏み出してみると、こんなにも世界が変わる。悩んでいる人、苦しんでいる人が、少しでも『がんばって生きてみようか』と思っていただけたらうれしいですね」。作品に託した塚本の思いが多くの人々に「配達」されることを願うばかりだ(取材・文:坂田正樹)

WOWOW連続ドラマW「配達されたい私たち」は5月12日(日)より放送開始 毎週日曜夜10:00 (全5話)※第1話無料放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 4日
  5. 塚本高史、一歩踏み出せば世界が変わる!うつ病の人々にWOWOWドラマでエール