シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

堀北真希も苦笑い!錦戸亮、舞台あいさつMC初挑戦は散々な結果に

堀北真希も苦笑い!錦戸亮、舞台あいさつMC初挑戦は散々な結果に
堀北真希も苦笑い…

 11日、関ジャニ∞の錦戸亮が、TOHOシネマズ日劇にて行われた主演映画『県庁おもてなし課』初日舞台あいさつで、人生初の舞台あいさつMCに挑戦した。だが、場を盛り上げようと張り切るもなかなかうまく進められず、昨年NHK紅白歌合戦の司会を務めた“先輩”堀北真希に助けを求めると「アルバイト代くれるならフォローしますよ」と笑顔で返答されるなど、苦い初挑戦となった。この日は、ほかに船越英一郎、高良健吾、関めぐみ、甲本雅裕、松尾諭、原作者の有川浩、そして三宅喜重監督が登壇した。

 舞台に登場した錦戸は「かみますよ」と宣言すると「つたない司会ですが、どうか広い心で最後までお付き合いください」と笑顔であいさつ。その言葉通り!? 途中何度もしどろもどろになりながらも懸命に司会をこなす錦戸に、船越や堀北が面白おかしくちゃかしたり、フォローしたり場面もあり、場内は温かい空気に包まれた。

 そんな錦戸に、昨年、NHK紅白歌合戦の司会という大役を務めた“先輩”堀北は「緊張が伝わってこちらまで、緊張してきちゃいますよ」と苦笑いを浮かべつつも「自然豊かな景色で、高知の魅力がいっぱい詰まった映画です」と作品をアピール。すると、錦戸も「明日からまた頑張ろうと思える作品。この映画を愛していただけたら幸せです」と真剣な眼ざしで思いを述べていた。

 その後も、登壇者の話を広げたり、突っ込んだりしていた錦戸だったが、船越が地元・湯河原の魅力を語っているときに「すてきな場所ですね」と発言すると「うそくさい言葉だね~」と逆に突っ込まれタジタジに。「僕の司会どうでした?」と尋ねる錦戸だったが、船越や堀北は苦笑い。そんな状況に錦戸は「もう一生司会はしません! プロの方に任せます」と開き直り、会場を沸かせていた。

 本作は、高知の県庁に実在する「おもてなし課」を題材にした人気作家・有川浩の同名小説を映画化。三宅監督は「今回、とても気持ちよく仕事をさせてもらったので、このキャストでできる映画の原作を有川先生に書いてもらいたい」と直々にリクエストを出していた。(磯部正和)

映画『県庁おもてなし課』は全国東宝系にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 11日
  5. 堀北真希も苦笑い!錦戸亮、舞台あいさつMC初挑戦は散々な結果に