シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大泉洋は松田優作さんを思わせる?爆弾発言に観客がブーイング

大泉洋は松田優作さんを思わせる?爆弾発言に観客がブーイング
その発言で会場を盛り上げた大泉洋

 俳優の大泉洋が11日、都内で行われた映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』の初日舞台あいさつに登壇し、共演の松田龍平について「僕に父親(松田優作さん)の顔を重ねている可能性がありますね」と語るなど、大胆な発言で会場を盛り上げた。この日はほかに、尾野真千子、ゴリ(ガレッジセール)、渡部篤郎、橋本一監督が登壇した。

 投げキッスをしながら入場し、尾野に「迷惑です」と嫌がられるなど終始ハイテンションだった大泉。劇中でコンビを組んだ松田から「前作よりも面白くしようという気負いを感じて現場に行ったけど、大泉さんの顔を見てほっとしました」と言われた際には、「ひょっとしたら、それは僕に父親(松田優作さん)の顔を重ねている可能性がありますね」と大胆な発言が飛び出した。

 これには客席から「えー」と一斉にブーイングが起こり、ゴリが「天国で(優作さんが)『なんじゃこりゃー』でしょうね」と観客の思いを代弁すると、肝心の松田本人も「重ねてないです」とサラリと否定。だが、大泉はそれにもへこたれることなく、「いつか重ねさせてやる」と声を張り上げていた。

 また、本作のヒロインを務める尾野は前作を観て、大ファンになったとのこと。「(前作の初日舞台あいさつでは)ここに小雪さんがいらして……」と仲間入りできた感激を口にするや、大泉は「小雪さんはそのときおなかに赤ちゃんがいましたけど、尾野さんはどうですか?」とすかさずツッコミ。「いないです」と尾野が返答すると、大泉は「これでスポーツ新聞もらったよ」とガッツポーズを見せていた。

 ほかにもカリスマ政治家を演じた渡部が、初日の感想について「別に何も……」と漏らすと、大泉は「久々に『別に何も』が出ましたよ!」と沢尻エリカとかける場面も。大泉は最後には選挙演説ばりの口上であいさつを締めるなど、会場を爆笑の渦に包んでいた。

 同作は作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を映画化し大ヒットを記録した『探偵はBARにいる』の続編。大泉演じる探偵と、松田ふんするマイペースな相棒・高田の凸凹コンビが、友人の死の真相を探るため、再び札幌ススキノを駆け巡る。(取材・文:中村好伸)

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 11日
  5. 大泉洋は松田優作さんを思わせる?爆弾発言に観客がブーイング