シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ミュージカル映画『南太平洋』のリメイクで、ミシェル・ウィリアムズが主演か?

ミュージカル映画『南太平洋』のリメイクで、ミシェル・ウィリアムズが主演か?
もう一度歌声が聴きたい! 主演候補のミシェル・ウィリアムズ

 映画『サウンド・オブ・ミュージック』『王様と私』などを手掛けたミュージカル界の巨匠リチャード・ロジャース&オスカー・ハマースタイン二世による大ヒットミュージカル映画『南太平洋』のリメイクで、ミシェル・ウィリアムズが出演オファーされていることがCinemablendや複数のメディアによって明らかになった。

 これは、ピューリッツァー賞を受賞したジェームズ・ミッチナーの小説「南太平洋物語」を原作に、1949年にブロードウェイミュージカルが上演され、その後1958年にジョシュア・ローガン監督によって映画化された作品をリメイクする企画だ。そのオリジナル映画の主演にはミッツィー・ゲイナーとロッサノ・ブラッツィが挑戦し、映画内に含まれる「魅惑の宵」、「バリハイ」などの曲は映画史上不朽の名曲として評価されている。

 リメイク作品ではマイケル・メイヤーがメガホンを取り、脚本をリン・グロスマンが担当して、オリジナル映画よりも、むしろブロードウェイのプロダクションとジェームズ・ミッチナーの原作を忠実に描き、自然な流れで物語を描いていく設定にするようだ。そして、この度主演女優候補としてミシェル・ウィリアムズに白羽の矢が立ったようだ。

 オリジナル映画では、太平洋戦争の最中、ある南太平洋の島を舞台に、海兵隊と共に島にやってきた従軍看護師のネリー(ミッツィー・ゲイナー)と、フランス人植民者エミール(ロッサノ・ブラッツィ)の恋が描かれていた。ミシェル・ウィリアムズは映画『マリリン 7日間の恋』でマリリン・モンローを演じ、その歌唱力を披露しているため、彼女に決まれば期待できる作品になりそうだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 15日
  5. ミュージカル映画『南太平洋』のリメイクで、ミシェル・ウィリアムズが主演か?