シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

木南晴夏、ミッキー・カーチスの暴露話に大爆笑!

木南晴夏、ミッキー・カーチスの暴露話に大爆笑!
木南晴夏とミッキー・カーチス

 香川県の高松琴平電気鉄道(愛称・ことでん)開通100周年を記念した映画『百年の時計』の初日舞台あいさつが25日、都内で行なわれ、主演の木南晴夏、ミッキー・カーチス、金子修介監督が登壇。撮影裏話や暴露話など冒頭からミッキー節がさく裂し、会場は終始笑いが絶えなかった。この日はほかに、中村ゆり、鈴木裕樹(D-BOYS)、近江陽一郎(D2)、宍戸開、音楽を担当した中村由利子も出席した。

 本作が長編映画初主演となる木南は「皆さん、作品をご覧になっていかがでしたか?」と客席に問いかけると大きな拍手が沸き起こり、満面の笑顔を浮かべ「ありがとうございます!」と一礼。続いてミッキーにマイクが渡されると、いきなり口パクのパフォーマンスで「マイク入ってないよ」とジョークを繰り出し、会場は一気に和やかな雰囲気になった。

 香川県での撮影中は、ミッキーを中心にさまざまなエピソードがあったらしく、木南が「わたしはうどんが大好きなので6~7軒、お店に行きましたね」と語ると、すかさず「俺、そば派でうどん嫌いだったんだけど、何度も食べているうちにだんだん好きになっちゃって。でも、高い店も安い店も同じ味だったな」とミッキー節。また、ミッキーは近江に対して「君とはすごく気があったよね、女の趣味もね……うふふ」と意味深に語り掛ける一幕もあった。

 出演者のトークにほほ笑みながら満足そうな表情を浮かべていた金子監督は、「香川県は『二十四の瞳』が生まれた場所でもあり、地元の皆さんからそれを超える作品を作ってくれと励まされた」と語り、「この映画を通して、真面目に生きている人たちに“人生は美しい”というエールを送りたい」と締めくくった。

 本作は、新米学芸員と創作意欲を失った芸術家が出会い、古い懐中時計に秘められた恋の物語をひもといていくハートフル・ストーリー。現在も高松市内を走るレトロ電車“ことでん”を舞台に感動のドラマが展開する。『DEATH NOTE デスノート』シリーズの金子監督のもと、『20世紀少年』の若手実力派女優・木南と『ロボジー』で再ブレイク中のミッキーの心温まる掛け合いが人生の素晴らしさを気付かせてくれる。(取材・文:坂田正樹)

映画『百年の時計』はテアトル新宿ほかで公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 25日
  5. 木南晴夏、ミッキー・カーチスの暴露話に大爆笑!