シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ビッグ・リボウスキ』続編の可能性はナシ!コーエン兄弟が明言

『ビッグ・リボウスキ』続編の可能性はナシ!コーエン兄弟が明言
続編が嫌いということで残念ながら可能性はなさそうです - ジョエル(右)&イーサン・コーエン兄弟 - Dave M. Benett / Getty Images

 ジョエル&イーサン・コーエン兄弟が、彼らの作品の中でも高い人気を誇るカルト作品『ビッグ・リボウスキ』の続編製作の可能性がないことを明らかにした。Toronto Starなど複数のメディアが伝えている。

 これは、コーエン兄弟の最新作『インサイド・ルウェイン・デイヴィス(原題) / Inside Llewyn Davis』が第66回カンヌ国際映画祭で上映された際に、記者会見で明らかにされた。

 そもそも続編企画は、オリジナル版でジーザス・クィンタナを演じていたジョン・タートゥーロによってコーエン兄弟に持ちかけられたそう。イーサン・コーエンは「ジョンはジーザスにまつわる続編をやらないかと絶え間なく言ってきた。彼は続編のストーリーを構成し、僕らに何回か見せてきたよ。しかし、僕は内容をあまり覚えていない。将来、その作品を制作する見当がつかないんだ」と言った。

 また、ジョエル・コーエンも「続編を製作することはないだろう。僕は続編が嫌いだからね」と明言している。

 1998年のオリジナル版はジェフ・ブリッジスが主演を務めた。“デュード”ことジェフリー・リボウスキ(ジェフ・ブリッジス)が同姓同名の富豪と間違えられて、誘拐事件に巻き込まれていく大騒動を描いた作品だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki・山口浩太)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 29日
  5. 『ビッグ・リボウスキ』続編の可能性はナシ!コーエン兄弟が明言