シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

インパルス板倉、空回り? 初めての主演映画イベントでド緊張!

インパルス板倉、空回り? 初めての主演映画イベントでド緊張!
慣れない状況に苦戦! インパルス板倉俊之

 お笑いコンビ・インパルスの板倉俊之と堤下敦が12日、シネマート六本木で行われた主演映画『樹海のふたり』の完成披露試写会に、共演のきたろう、遠藤久美子、烏丸せつこ、山口秀矢監督と共に出席。初主演作とあり、ド緊張の舞台あいさつを繰り広げた。

 普段はお笑い芸人として絶品のトークでお茶の間をにぎわせている二人だが、主演映画の舞台あいさつはこの日が初めて。入場して意気揚々とあいさつを始めた板倉だが、自己紹介もままならないまま言葉に詰まってしまい、開始早々きたろうから「ちょっと考えてこいよ!」と突っ込まれて笑いを誘う一幕も。気を取り直して「大変な感動作になっています」とアピールするも、着地点を見失ってしまい司会者に、「どうやって締めるんですか?」とアドバイスを求めるなど、慣れない状況に悪戦苦闘していた。

 そんな板倉は本作で、富士の樹海で自殺志願者を取材するテレビ番組のディレクターを演じ、「完成した作品を観た今でも『(主演で)いいのか』って思います。もう少しこうやったらいいのにとか思いますね」と恐縮しながら本音を吐露。相棒を演じた堤下も「映画の主演は今までやったことがないので、どれくらいの責任感があるかわからなかったけど、作品が完成してこうして取材とかをさせていただくと、より頑張ろうという気持ちになります」と改めて気を引き締めていた。

 また、板倉の妻を演じた遠藤が夫婦のシーンに触れて「すごく楽しくて現実だったら良かったのに」とうっとり振り返る場面もあり、これには板倉も「僕も思っていました」と照れくさそうに同調。すると、山口監督が「夫婦のシーンの撮影は2日間しかなくて、(板倉が)『家庭のシーンはもう終わりですか?』って寂しがっていました。『俺、家庭持ちたいな』ってポロッと漏らしていましたよ」と板倉に生まれた結婚願望も明かしていた。

 同作は、情報ドキュメンタリー番組で取材を担当したテレビディレクターたちの実体験を基にしたヒューマンドラマ。番組のために富士の樹海で自殺志願者たちの姿を追っていた竹内(板倉)と阿部(堤下)が、それぞれの事情を抱えた彼らと接することで自身の人生を見つめ直していく。(取材・文:中村好伸)

映画『樹海のふたり』は7月6日よりユーロスペースほか全国順次公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 12日
  5. インパルス板倉、空回り? 初めての主演映画イベントでド緊張!