シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

前田敦子、卒業後初のAKBライブは「すごく楽しみ」

前田敦子、卒業後初のAKBライブは「すごく楽しみ」
主演女優賞を受賞した前田敦子

 女優の前田敦子が15日、テアトル新宿で開催された第22回日本映画プロフェッショナル大賞授賞式に来場、肩を露出した黒いドレス姿で会場を魅了した。前田は、7月31日に札幌ドームで行われるAKB48のライブに、卒業後初めて出演することが発表されており、報道陣からライブに対する意気込みを聞かれると「すごく楽しみです」とコメントを寄せた。

 前田の受賞は、映画『苦役列車』における演技が認められてのもの。会場のファンからは、前田に向けた「あっちゃん!」「おめでとう!」といった声援が飛び交った。その声援に笑顔を見せた前田は、「映画をこよなく愛する皆さんからいただいた賞ということで、とてもうれしいです。(映画を愛するという意味では)卵のわたしですが、これからも胸を張って、映画が好きでいられる人でいたいと思います」と喜びのコメント。

 また同作のメガホンを取った山下敦弘監督について「(どの監督からも)毎回いろんなものをいただけますが、その中でも山下監督との出会いは確実に一番大きかったですね」と語り、本作で得たものの大きさをうかがわせた。現在は前田主演、山下監督によるスペシャルドラマ「タマ子」シリーズの夏編の撮影の真っ最中とのことで、「山下監督と出会ってから2年目くらいですけど、ようやく距離も近くなってきました。監督がどこまでもあきらめずに向かい合ってくれるのがうれしいですね」と笑顔を見せた。

 また近年は映画を浴びるように鑑賞しているという前田は最近、小津安二郎作品を数本観たといい「『晩春』の原節子さんがすごく魅力的で、すごく惚れてしまいました。原さんの姿をたくさん観られて大満足でしたね」とニッコリ。山下監督からは「あっちゃんは、すてきな女優さんとか、きれいな女優さんを探すのが好きなんだね」と言われたそうで、前田も「たぶん、自分があこがれる人を観てしまうのかもしれませんね」と付け加えた。

 今年で第22回を迎える「日本映画プロフェッショナル大賞」は、映画ジャーナリストの大高宏雄氏が個人で主宰する映画賞。選考には監督、評論家、プロデューサーなど、映画業界にかかわるプロフェッショナルたちがあたっている。(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 16日
  5. 前田敦子、卒業後初のAKBライブは「すごく楽しみ」