シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

人気グラドル佐々木心音、壇蜜の“パンティー投げ”ができず無念…それでも過激すぎる衣装にはどよめき

人気グラドル佐々木心音、壇蜜の“パンティー投げ”ができず無念…それでも過激すぎる衣装にはどよめき
過激な衣装で登壇した佐々木心音

 ポスト壇蜜として人気のグラビアアイドル佐々木心音が15日、池袋シネマ・ロサで開催された映画『フィギュアなあなた』初日舞台あいさつに登壇し、下半身がスケスケの過激シースルー衣装で登場、会場からは驚きの声が沸き起こった。この日はほかに柄本佑、風間ルミ、桜木梨奈、間宮夕貴、石井隆監督が来場した。

 「今芸能界で一番エロいカラダ」と評される佐々木。そんな彼女の魅力を最大限に生かした純白のシースルー衣装を身に着けた佐々木の登場に会場は「ウォー!」とどよめきが沸き起こった。しかし当の佐々木はあっけらかんとした表情で、「こんなステージにわたしが立てるなんて、本当に不思議な感じが今でもしていますが、幸せです。全編、布分がない(露出が多い)状態で出ている映画なんですが、なぜか小学校の運動会と同じくらいに親戚一同が集まっております。そんな血を受け継いでいることをうれしく思っております」とコメントし、会場を沸かせた。

 本作のメガホンを取ったのは『花と蛇』の石井隆監督。これまで大竹しのぶ、余貴美子、夏川結衣など数々の名女優たちの魅力を引き出してきた鬼才監督との仕事を振り返った佐々木は「石井監督は今までやってきたことは無駄じゃないと教えてくれた存在。わたしは家で、いっこく堂さんの真似で、“こっこく堂”といって(腹話術の)練習をしていたんです。だから監督から『心音くん、ここのセリフは口を動かさないで言ってほしいんだよね』と言われたときに『よっしゃ!』と。何も無駄はないと改めて思わせてくれてうれしかったんです」ととぼけたコメントを発し、会場を笑わせた。

 そして最後に「一つ言い忘れたことがありました!」と切り出した佐々木は、「(スタッフから)壇蜜に対抗して、パンツを脱げと言われていたらしいんですが、(衣装の関係で)脱げなくて残念」と無念のコメント。壇蜜といえば、本作にもゲスト出演をしており、佐々木が「お姉さま」と慕う存在。今でも語り草となっている昨年11月開催の壇蜜主演映画『私の奴隷になりなさい』の初日舞台あいさつにおけるパンツ投げが再現されずに、会場の観客も残念そうな様子であった。(取材・文:壬生智裕)

映画『フィギュアなあなた』は池袋シネマ・ロサほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 15日
  5. 人気グラドル佐々木心音、壇蜜の“パンティー投げ”ができず無念…それでも過激すぎる衣装にはどよめき