シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

阿部サダヲ、父の日のプレゼントに感激!

阿部サダヲ、父の日のプレゼントに感激!
父の日のプレゼントに感激の阿部サダヲ

 16日、俳優の阿部サダヲが、新宿バルト9で行われた映画『奇跡のリンゴ』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。この日は父の日ということもあり、菅野美穂から真っ赤なサーフボード、娘役の畠山紬、渡邉空美、小泉颯野から似顔絵入りのうちわや手紙をもらうと「父の日っていいですね」と満面の笑みを浮かべた。

 実生活でも二児の父である阿部だが、この日は劇中で娘役を演じた畠山、渡邉、小泉から「サダヲお父さんへ。100歳になるまで役者を続けてください」という手紙をもらうと、「劇中でも手紙をもらうシーンでは泣いてしまったのですが、こういう場面はダメだよね」と困ったような表情を浮かべる。さらに次女・咲を演じた10歳の渡邉から「阿部さんは無邪気で少年みたいだった」と言われると、いとおしそうに愛娘たちを見つめた。

 献身的に夫を支える妻を演じた菅野は、これまでの映画プロモーションでも、シャイな阿部を盛り上げていたが、この日は感謝を込めて、阿部にマッサージ店の利用券と、真っ赤なサーフボードをプレゼント。「現場ではほとんど目を合わせてもらえず話ができなかったのですが、プロモーション活動をしているとき、阿部さんの趣味がサーフィンだと知ったので」とプレゼントの理由を明かす。

 そんな阿部と菅野だが、父親との思い出を聞かれると、菅野が「後楽園に連れて行ってもらったのを覚えています。普通、遊園地だと思ったら、競馬(場外馬券売り場)だった」と場内の笑いを誘うと、阿部も「僕も! 同じ思い出があります。やっぱり二人はつながっていたんですね」と思わぬ共通点に顔を見合わせていた。また「父から遠近両用のメガネが欲しいと3度もメールが来たんですよ」と舞台あいさつ序盤に話していた阿部は、子どもたちからの優しい心使いに「父にメガネをプレゼントしないと」と親孝行を誓っていた。

 本作は、散布される農薬によって皮膚に異常をきたしてしまった妻のために、世界初となる無農薬でのリンゴ栽培に挑んだ木村秋則さんの11年間を綴ったノンフィクションを、映画『ゴールデンスランバー』の中村義洋監督が映画化した感動の物語。(磯部正和)

映画『奇跡のリンゴ』は全国東宝系にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 16日
  5. 阿部サダヲ、父の日のプレゼントに感激!