シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ハリウッド版『ゴジラ』の姿が一部公開!まさに大怪獣の破格スケール!

ハリウッド版『ゴジラ』の姿が一部公開!まさに大怪獣の破格スケール!
ついにハリウッド版『ゴジラ』のティーザービジュアル公開! このままいけば、超巨大サイズになりそう? - (C)Legendary. All Rights Reserved.

 世界中にファンを持つ怪獣映画を再びリメイクするハリウッド版『ゴジラ』の、そのデザインの一部と圧倒的なサイズがうかがえる、ティーザービジュアルが公開されている。

 公開されたビジュアルは、特徴的なゴジラのしっぽ部分と、それを追う数台のヘリコプターを描いたもの。そのしっぽの形状は、本作のゴジラが、日本人が慣れ親しんだ姿に近いものとなっていることを期待させる。前回のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』のデザインに落胆したファンも、ひとまず安心できそうだ。

 さらに手前を飛ぶヘリコプターとしっぽを比較すると、新たなゴジラは、かなりのビッグサイズであることが確認できる。実際の映画でもビジュアル通りの大きさだとすれば、少しの攻撃くらいではビクともしない、大怪獣としての威厳を十二分に発揮するゴジラを見ることができそうだ。

 現地時間20日、米サンディエゴで行われた「コミコン・インターナショナル:サンディエゴ2013」では、最新のフッテージ映像を上映。巨大なゴジラがたけり叫びながら出現する映像に、会場のホールHに集まった約6,500人の観客は大歓声。また日本から出演する渡辺謙の登場シーンにも、大きな拍手が送られた。

 会場には、監督のギャレス・エドワーズをはじめ、主演のアーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセン、ブライアン・マーキンソンらが出席。2日前にクランクアップを迎え、その足でコミコンに駆けつけたというエドワーズ監督は、多くのファンの期待と不安を背負った『ゴジラ』映画を手掛けることに「プレッシャーは自ら課してしまったものだと思う。というのも、これこそ(自分が)やりたかったことだから。この作品が東宝のゴジラの一部になってほしいと思う。これこそ本物のゴジラ映画だ、といわれるように」とコメント。歴代シリーズへの尊敬の念を感じさせる言葉に、集まったファンからはまたも大歓声が送られた。ハリウッド版『ゴジラ』は、2014年5月16日に全米公開を迎える。(編集部・入倉功一)

ハリウッド版『ゴジラ』は2014年夏 日本公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 25日
  5. ハリウッド版『ゴジラ』の姿が一部公開!まさに大怪獣の破格スケール!