シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

テリー・ハッチャー、「デスパレートな妻たち」の映画化があれば喜んで検討

テリー・ハッチャー、「デスパレートな妻たち」の映画化があれば喜んで検討
もう一回スーザンを演じたいの! - テリー・ハッチャー

 テレビドラマ「デスパレートな妻たち」でスーザンを演じたテリー・ハッチャーが、映画化のチャンスがあれば、ぜひもう一度スーザンを演じたいと考えているようだ。

 「あの番組のファンは最高で、まだまだ観たいと思ってくれているみたい。映画化の脚本を手渡されたら、実現させることを目標にじっくりと読むわ。でも、たぶんないでしょうね」と芸能番組「Extra」に語っている。

 「SEX AND THE CITY」など、ドラマからの映画化が成功しているものもあるが、クリエイターのマーク・チェリーは状況が違うとコメント。

 「『SEX AND THE CITY』は69エピソードくらいしか放送していなかったんだ。だから、まだ語るべきストーリーが残っていた。僕らの番組は8年間の放送の末、語りつくしたと思うし、満足している。僕は“妻たち”をドバイに行かせるようなことはしない」と語っている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 3日
  5. テリー・ハッチャー、「デスパレートな妻たち」の映画化があれば喜んで検討