シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ウド鈴木、ジョニー・デップになりきり!白塗りメイク姿を相棒・天野も絶賛

ウド鈴木、ジョニー・デップになりきり!白塗りメイク姿を相棒・天野も絶賛
トントのコスプレ姿を披露したウド鈴木

 ジョニー・デップ主演最新作の映画『ローン・レンジャー』の公開を記念し実施された「写真投稿コンテスト」の表彰式が7日に都内で行われ、特別審査員を務めるお笑いコンビ・キャイ~ンの天野ひろゆきとウド鈴木が、芸能界でも有名な「キモサベ」(劇中で「最高の相棒」といった意味)として、ローン・レンジャーとトントになりきった派手な扮装(ふんそう)で登場した。この日は、同じく審査員として女優の平愛梨も出席。こちらはヘレナ・ボナム=カーター演じるレッド・ハリントンを思わせる真っ赤なミニ・ドレスで華を添えた。

 黒マスクの正義のヒーロー、ローン・レンジャーのコスプレに挑戦した天野は「チビっ子ギャングみたいに見えますが、(ローン・レンジャー役の)アーミー・ハマーさんの来日時にこの姿でご一緒させていただき、『僕の前に鏡があるかと思うくらい似ている』と信じられないリップ・サービスをいただいたので、今日は『アーミー野くん』と呼んでください」と自信たっぷり。するとすかさず、ウドが「アメリカでステーキソースを発売した日本人みたい」と突っ込むなど、抜群のチームワークを早速発揮していた。

 そのウドは、白塗りメイクで頭の上にカラスを乗せたトントにふんしており「これが僕の本当の姿だと思って、なぜか自信がつきました。幼少の頃から人見知りで人とうまく付き合えなかったけど、この格好ならうまくいきそう。元々(トント役である)ジョニー・デップに刺激されて、この世界に入りましたから」とコメント。このメイクには約1時間半をかけ、白塗りには小麦粉を使ったことも明かしていた。

 このウドのなりきりぶりには、長年の相棒である天野が「いつもモヒカンだけど、たまにはこういうのもいいんじゃない?」と絶賛すれば、平も「これを写真に撮ったら、このコンテストで優勝できるんじゃないかな」と賛辞を寄せた。最後にはウドの口から「今度は三人で日本版『ローン・レンジャー』をやりたい」という発言も飛び出した。

 今回の「写真投稿コンテスト」は本作公開に合わせ、キャラになりきった写真や、ローン・レンジャーとトントの「キモサベ感」に通じる友情写真を一般から募集。この日は最優秀賞ほか、19名が表彰を受けた。天野、ウド、平の三人はそれぞれ「写真から、情景や気持ちが伝わってきた」と絶賛のコメントを残していた。(取材/岸田智)

映画『ローン・レンジャー』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 7日
  5. ウド鈴木、ジョニー・デップになりきり!白塗りメイク姿を相棒・天野も絶賛