シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

安藤裕子が歌う「アロハオエ」初公開 永作博美主演『四十九日のレシピ』予告編

安藤裕子が歌う「アロハオエ」初公開 永作博美主演『四十九日のレシピ』予告編
映画『四十九日のレシピ』より永作博美と石橋蓮司 - (C)2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会

 永作博美が主演を務める感動作『四十九日のレシピ』の予告編が公開された。何気ない日常の美しさを切り取ったような映像を、シンガーソングライターの安藤裕子が歌う主題歌「Aloha 'Oe」(アロハオエ)の音色が彩る、どこか優しさを感じさせる予告編となっている。

 本作は、伊吹有喜の同名小説を、『ふがいない僕は空を見た』などのタナダユキ監督が映画化した感動作。母を亡くした父と娘が、生前の母に頼まれ面倒を見に来たという少女と日系ブラジル人の青年、二人の若者と四十九日までの日々を過ごす間に、再生への道を歩み始める姿を描く。

 永作が演じるのは、今こそ母に相談したかったことを聞きそびれたことで、人生に行き詰まる娘の百合子。石橋蓮司がその父を演じるほか、2人のもとに突然現れる派手な服装の少女・イモに二階堂ふみ、日系ブラジル人の青年・ハルに岡田将生がふんする。

 家族の死という重いテーマを扱う本作。しかし公開された予告編では、2人の若者と母の人生が詰まった一冊の「レシピ」に導かれた父と娘が、「四十九日の大宴会」を開く決意をするまでを明るくつづる。そこに流れるのが、ハワイを代表する楽曲に安藤が書き下ろしの詩をあてた主題歌「Aloha 'Oe」。映像を彩る優しい歌声にタナダ監督は、「はかなげなのに力強い奇跡のような歌声。それは映画という枠すら超えて、より多くの人に届いて欲しいと願わずにはいられない、“安藤裕子にしか唄えない” Aloha Oeだった」という賞賛の言葉を寄せている。

 また「最近、一段と古風な精神に近づきつつある今日この頃、両親の言葉や祖父母の言葉が身に染みて甦ります」という永作は、本作について「何かを心の底にしまったまま、時が過ぎてしまってはもったいないと思いました。この映画を観て、何かを踏み出す方がいてくれたらうれしいです」とコメントしている。(編集部・入倉功一)

映画『四十九日のレシピ』は11月9日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 19日
  5. 安藤裕子が歌う「アロハオエ」初公開 永作博美主演『四十九日のレシピ』予告編