シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エアロスミス、中国と台湾でのコンサートが中止 現地プロモーターとトラブル

エアロスミス、中国と台湾でのコンサートが中止 現地プロモーターとトラブル
ボーカルのスティーヴン・タイラーも残念… - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 先日、来日公演を行ったロックバンドのエアロスミスが、中国と台湾でのコンサートを中止にすることを発表した。理由については、現地プロモーターが契約事項を守ることができなくなったためだと説明されている。

 エアロスミスはオフィシャルサイト上で、中国・上海ならびに台湾・台北でのコンサート中止を告知。「現地プロモーターが契約事項を守ることができなくなりました」と明かした上で、突然のコンサート中止を謝罪した。ボーカルのスティーヴン・タイラーは「ファンの皆さんはわたしたちを歓迎してくれました。けれども、どうしようもできない状況になり、パフォーマンスを見せることができなくなってしまいました」とコメントを寄せた。

 エアロスミスは今月21日に上海で、同24日に台北でコンサートに出演する予定であり、実施されれば同バンドにとっては初の中国公演だった。現地プロモーターとの間でトラブルがあったということのほかはわかっていないものの、メンバーはそれぞれ「中国・台湾でのライブを行えるチャンスがあることを願っています」と心境を明かしている。

 映画『アルマゲドン』の主題歌「ミス・ア・シング」などで知られるエアロスミスは、今月上旬から中旬にかけては東京・名古屋・大阪で来日公演を開催。その最中の15日夜にはスティーヴン・タイラーが大阪・梅田で行われていた路上ライブに飛び入り参加したことも話題になった。(編集部・福田麗)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 21日
  5. エアロスミス、中国と台湾でのコンサートが中止 現地プロモーターとトラブル