シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダイアモンド☆ユカイ、藤圭子の死を悼む「偉大なディーバを失った」

ダイアモンド☆ユカイ、藤圭子の死を悼む「偉大なディーバを失った」
藤圭子さんの死を悼んだダイアモンド☆ユカイ

 ミュージシャン・俳優のダイアモンド☆ユカイが22日、都内で行われたLIVEドキュメンタリー『ベイビー大丈夫かっBEATCHILD1987』復活式イベントに出席し、訃報が伝えられた宇多田ヒカルの実母で歌手の藤圭子さんについて「本当に、残念です。一人の偉大なディーバを失った。歌っている姿をもっと見たかった」と冥福を祈った。この日はほかに白井貴子も出席した。

 同作は、佐野元春、BOOWY、故尾崎豊さん、THE BLUE HEARTSなどが1987年に記録的豪雨の中、熊本・阿蘇で行った日本初のオールナイトロックフェスティバル「BEATCHILD」をドキュメンタリー映画化した作品。12時間にもわたるステージでは7万2千人もの観客を動員したといわれている。

 くしくも本日22日は26年前にその伝説のロックフェスが開催された日。その日、ダイアモンド☆ユカイはロックバンド「RED WARRIORS」のボーカルとして出演し、伝説の一夜を体感している。同じく出演者だった白井と当時のライブ映像を観ながら、ダイアモンド☆ユカイは「みんな若かったな。中でも俺が一番かっこいいな。俺は晴れ男で俺が歌っているときは晴れていた」と振り返ると、「(「BEATCHILD」は)ロックフェスの先駆けみたいなもの。とにかくすごかった。あの時代の空気感と匂いを楽しんでほしい。ロックは永遠です!」と作品をアピールした。

 一方、「あの頃はみんなかっこつけていましたね。豪雨で機材が全て片付けられて、何もない中で歌っていました」と明かした白井に対して、ダイアモンド☆ユカイは「ミニスカートで、すごくセクシーだったね。何で口説かなかったんだろう。残念!」と悔しげ。白井を苦笑させていた。

 かねてより何度も映像化を望む声があった「BEATCHILD」だが、音源が紛失していたため、これまでは実現できずにいた。その音源が発見されての映像化。高音質、大画面でライブを体感できる貴重な機会となっている。この日は、「BEATCHILD」の開催地でもある熊本県からゆるキャラのくまモンも参加してイベントを盛り上げた。(福住佐知子)

映画『ベイビー大丈夫かっBEATCHILD1987』は10月26日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 22日
  5. ダイアモンド☆ユカイ、藤圭子の死を悼む「偉大なディーバを失った」