シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

椎名桔平、打ち身は当たり前!ブラジル格闘技で命懸けアクションに挑戦!

椎名桔平、打ち身は当たり前!ブラジル格闘技で命懸けアクションに挑戦!
過酷な撮影を振り返った椎名桔平

 映画『RETURN(ハードバージョン)』の初日舞台あいさつが24日、ヒューマントラストシネマ渋谷で行なわれ、椎名桔平、山本裕典、メガホンを取った原田眞人監督が登壇した。主演を務めた椎名は「カポエイラ(ブラジルの格闘技の一つ)を取り入れたアクションシーンは本当に危険だった」と明かし、原田監督も「まさに命懸け。神に守られていた」と過酷な撮影を振り返った。

 本作は、『クライマーズ・ハイ』の原田監督と椎名が4度目のタッグを組んだバイオレンスアクション。スマートフォン向け総合エンタメアプリUULA向けに製作された作品を原田監督自らが劇場版に再編集。誤って暴力団員を殺害し国外逃亡する男、そして彼を取り巻く一筋縄ではいかない“壊れた人間たち”の数奇な運命を描く。椎名、山本のほか、水川あさみ、土屋アンナ、でんでんら個性派俳優が演じたぶっ飛びキャラも必見だ。

 運命に翻弄(ほんろう)される主人公を演じた椎名は、「とにかくアクションシーンは大変で、かなり体を張りましたね。ブラジルの格闘技カポエイラをアクションに取り入れたんですが、打ち身なんて当たり前、本当に危ないシーンが多かった」と告白。原田監督も「ナイフファイトも絡むので命懸けだった。神に守られた撮影だったね」と明かした。

 一方の山本は、「1か月弱ですが、ここまでどっぷり映画の撮影に臨むのは初めて。貴重な経験をさせていただいた。個人的には桔平さんとのお風呂のシーンが見どころですかね。お尻をすごくきれいに撮っていただいた」と笑いを交えて振り返った。

 また、本作を作った経緯について原田は、「もともとは『KAMIKAZE TAXI』のパート2として考えていたんですが、桔平ちゃんを使って若返りを図り、もっと暴力的なものを入れていこうということになった。黒澤明監督の『生きものの記録』を参考にしながら、日本で最もセクシーで旬な俳優陣で作り上げた。桔平ちゃんと土屋アンナとの絡みもお楽しみに」と自信の表情を浮かべていた。(取材・文:坂田正樹)

映画『RETURN(ハードバージョン)』はヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 24日
  5. 椎名桔平、打ち身は当たり前!ブラジル格闘技で命懸けアクションに挑戦!