シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「生きねば。」の次は「死なねば。」 瀧本美織『貞子3D2』初日で『風立ちぬ』に便乗!

「生きねば。」の次は「死なねば。」 瀧本美織『貞子3D2』初日で『風立ちぬ』に便乗!
初めて挑んだ役柄への思いを語った瀧本美織

 女優の瀧本美織が30日、角川シネマ新宿で行われた人気ホラーシリーズ最新作『貞子3D2』の初日舞台あいさつに、瀬戸康史、平澤宏々路(子役)、山本裕典、田山涼成、貞子、英勉監督、サプライズで登場した原作者・鈴木光司と共に出席。瀧本が大ヒット公開中の映画『風立ちぬ』でヒロインの声を務めていることもあり、英監督が「ぜひ皆さんに広めていただいて、『風立ちぬ』を超えちゃったり。『生きねば。』の次は『死なねば。』で」とユーモアたっぷりに語ると、瀧本も便乗し「ぜひ、そのキャッチコピーで」とノリノリだった。

 ホラー映画にちなんで現実で怖いと思うことを聞かれた瀧本は、ホラーが大の苦手なだけに「またホラー映画に出ることが怖いです。(次があれば)幸せなシーンだけ呼んでください」と愛らしく懇願。

 鈴木は原作で生前の貞子は女優を夢見ていた少女だったことを説明し、ステージに立つ貞子に向かって「夢は何かといったら映画に出たり、舞台に立つこと。皆さまのおかげで貞子の長年の夢が果たせました。貞子、これで成仏しよう」と語り掛け、会場の笑いを誘った。

 また瀧本は、初日を迎えて「うれしいです」と満面の笑みを浮かべ、「演じた楓子はデリケートで壊れやすくて、演技としても初めて挑戦した役です」と思い入れたっぷりに語っていた。

 本作は、昨年大ヒットを記録した『貞子3D』の続編。鈴木の書き下ろしで、新たな貞子の子にまつわる呪いの連鎖の恐怖を3Dで映し出す。スマートフォンアプリを連動させた世界初のスタイル「スマ4D(スマフォーディー)」での上映も楽しむことができる。(中村好伸)

映画『貞子3D2』は角川シネマ新宿ほか全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 30日
  5. 「生きねば。」の次は「死なねば。」 瀧本美織『貞子3D2』初日で『風立ちぬ』に便乗!