シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

スカート丈をちょっとだけ…大谷澪&花井瑠美、初主演作ではスタイルの良さを強調

スカート丈をちょっとだけ…大谷澪&花井瑠美、初主演作ではスタイルの良さを強調
金子修介監督から、そのスタイルの良さを絶賛された大谷澪と花井瑠美

 31日、シネマート六本木で映画『ジェリー・フィッシュ』初日舞台あいさつが行われ、本作で初主演を務めた女優の大谷澪と花井瑠美、そして金子修介監督が登壇した。二人の若手女優を主演に抜てきした金子監督は脚フェチとして知られるだけあって「二人ともスタイルがいいんで、二人の制服のスカートの丈などを、ほかの子と比べて浮き立つような感じで強調した」とその演出の妙を明かしていた。この日はほかに、共演の川田広樹、川村亮介、野見隆明も来場した。

 本作は、新潮社が主宰する「女による女のためのR-18文学賞」受賞作の映画化第2弾。女子高生同士の淡く残酷な恋愛模様を、みずみずしい描写で描き出している。主人公の一人を演じた大谷は「撮影は1年前で、そのときはこれが終着点のような気がしていました。しかし、今日から公開ということで、やっとスタートに立ったんだ、という気持ちに変わりました。1年前の自分に今の気持ちを伝えてあげたいです」と感慨深げ。

 一方、W主演の花井も「こんなに多くのお客様に観ていただいて感無量です。デビュー作ということで、1年前から今日にいたるまでいろんなドキドキや不安がありました。でも、女優デビューは最初で最後。監督はじめ、スタッフ、キャストの方に恵まれた環境でデビューできました。今は感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントしていた。

 そんな若手女優とは対照的に、本作の金子監督は来年で監督デビュー30周年を迎えるベテラン。「デビュー当時は新人類と言われていたのにあっという間な感じがします」と振り返ると、「でもフレッシュな素材を前にすると、新人監督になったような感じになります」と改めて気を引き締めているようだった。

 また、本作には『さや侍』で主役に抜てきされた“シンデレラおっさん”の野見も「通りがかりの変なおじさん役」で出演。見事2本目の映画出演を果たした。先日には24歳年下の恋人の存在が明らかになり、司会者がその話題を振ると、現在56歳の野見は照れくさそうな笑顔で「そうなんですよ。もう半年になるんですけど」と返答。しかし川田によると、その彼女は現在海外旅行中とのことで、野見は「(旅行から戻ってきたら)今度一緒に(本作を)観たいと思います」と笑顔を見せてい。(取材・文:壬生智裕)

映画『ジェリー・フィッシュ』はシネマート六本木ほか全国順次公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 8月
  4. 31日
  5. スカート丈をちょっとだけ…大谷澪&花井瑠美、初主演作ではスタイルの良さを強調