シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

市川海老蔵、父も喜んでくれる…親子共演作モントリオール受賞で喜び会見

市川海老蔵、父も喜んでくれる…親子共演作モントリオール受賞で喜び会見
『利休にたずねよ』受賞に市川海老蔵

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が3日、第37回モントリオール世界映画祭における、主演映画『利休にたずねよ』(田中光敏監督)の最優秀芸術貢献賞受賞を受け、都内で記者会見を行った。受賞について海老蔵は「とてもありがたい。光栄なこと。茶という日本文化が海外の人に評価されたことも含め、とてもうれしい」と改めて喜びを語った。

 受賞については、朝の7時~9時頃に知ったという海老蔵。「うれしくて早速ブログにアップしようとしたら、関係者にまだやめてくださいと止められました」と笑みを浮かべると、「猿之助をはじめ、みんなに『おめでとうございます』と言ってもらえた」と周囲の声を紹介。夫人の小林麻央からも「よかったね」と声を掛けられたとうれしそうに話した。

 本作は、今年2月に亡くなった父・市川團十郎さんとの共演作。「日本の良さを少しでも多くの人に理解してもらうことは父も望んでいたこと。こういう賞を頂戴して、喜んでくれると思う」と語った海老蔵は、「芝居と芝居の合間を縫って、(撮影場所の)太秦まで来てくれた。その中での父とのやりとりは忘れられない。父との作品が残っているだけでもありがたい」と振り返った。

 また海老蔵は、今後映画の世界でも挑戦を続けたいと語り「海老蔵と名乗るうちは歌舞伎の合間を縫ってやっていこうと思います。映画はまた出る予定があり、すでに一本撮り終わっています。来年公開予定です」と今後のプランに言及した。ちなみに話題のブログに関しても「一度始めたらやめられない。朝起きて妻や子どもにあいさつする前にブログをアップしている。よくないですね」と苦笑いしながら、継続していく意思を見せていた。

 同作は、第140回直木賞を受賞した山本兼一の同名小説を映画化した歴史ドラマ。千利休の若い頃の恋を通じて、彼の美への情熱と執着を描き出す。利休の妻・宗恩を中谷美紀、織田信長を伊勢谷友介、豊臣秀吉を大森南朋が演じるほか、海老蔵の父・団十郎が、利休の師・武野紹鴎にふんして特別出演している。(取材・文 名鹿祥史)

映画『利休にたずねよ』は12月7日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 3日
  5. 市川海老蔵、父も喜んでくれる…親子共演作モントリオール受賞で喜び会見