シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ワン・ダイレクションの映画がトップに!『ザ・バトラー』と大接戦! -9月2日版【全米ボックスオフィス考】

ワン・ダイレクションの映画がトップに!『ザ・バトラー』と大接戦! -9月2日版
「みんなありがとう!」 -映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』より - (C) 2013 TriStar Pictures. All Rights Reserved.

 夏の終わりを象徴する祭日レイバー・デー(労働者の日)の連休のボックスオフィスは、トップの座をめぐり大バトルが繰り広げられたが、最終的には1,580万ドル(約15億8,000万円)の興収を上げた新作映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』が小差でトップとなった。(1ドル100円計算)

 本作は、「Xファクター2010」というオーディション番組に応募した中から5人が選出されデビューしたワン・ダイレクションを追ったドキュメンタリー作品だ。

 第2位は、1,488万ドル(約14億8,800万円)の興収で、惜しくも3週連続第1位を阻止された伝記ドラマ映画『ザ・バトラー(原題) / The Butler』。メガホンを取ったリー・ダニエルズ監督にとって本作は、監督作品としては歴代トップの興収をたたき出しており、これからの推移が注目されている。

 続いて第3位は、とにかく粘り強いコメディー映画 『ウィアー・ザ・ミラーズ(原題) / We’re the Millers』で1,267万ドル(約12億6,700万円)。これまでの興収は、ついに1億ドル(約100億円)の大台に乗った。

 第4位は、メキシコ人気スターのエウヘニオ・デルベスが監督と主演を務めた映画『インストラクション・ノット・インクルーデッド(原題) / Instructions Not Included』。784万ドル(約7億8,400万円)の興収を収めた本作のトップ5入りは、たった347館での上映ということで、誰も予想しておらずハリウッドで話題になっている。

 トップ5の最後は、先週と同ランクのディズニー映画『プレーンズ』で772万ドル(7億7,200万ドル)だった。

 今週末の大型新作は1本。ヴィン・ディーゼル主演のSFアクション映画『リディック(原題)/ Riddick』だ。同時期にライバルとなりそうなSFアクション作品は見当たらないため、次回ランキングでトップ5入りの可能性は高い。(ロス取材・文:明美・トスト / Akemi Tosto)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 3日
  5. ワン・ダイレクションの映画がトップに!『ザ・バトラー』と大接戦! -9月2日版