シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大ヒット官能小説の映画化キャスト変更をファンが切望 署名活動も

大ヒット官能小説の映画化キャスト変更をファンが切望 署名活動も
ファン的にはこの二人がベスト? - マット・ボマーとアレクシス・ブレデル - Jennifer Graylock / FilmMagic / Getty Images(左)

 作家E・L・ジェームズの大ヒット官能小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の映画版で主役を務めることになったダコタ・ジョンソンとチャーリー・ハナムだが、ファンのイメージとはかけ離れていたようで、キャストの変更を希望するオンライン運動が始まっている。

 キャストが発表されたすぐあと、不満に思ったファンがChange.orgで署名を募り始めた。彼らがベストだと思っているキャストは、クリスチャン役にテレビドラマ「ホワイトカラー」のマット・ボマー、アナスタシア役に「ギルモア・ガールズ」のアレクシス・ブレデルだそう。

 こうまでして自分を推してくれる人たちに対しマットは、「ファンのみんなにはとても感謝している。感動しているよ」と芸能番組エンターテインメント・トゥナイトにコメント。しかし、「チャーリーとダコタの映画を観るのが楽しみだ」とも言っており、彼が出演することはなさそうだ。

 キャストに不満を募らせる声が多いことについてプロデューサーのダナ・ブルネッティは、ツイッターでキャスティングのプロセスを説明。

 「キャスティングはルックスだけで決まるわけじゃありません。才能、スケジュール、本人の希望、相手役との相性などさまざまな要素があります」「希望していた人がキャスティングされなかったのだとしたら、このどれかに当てはまらなかったのでしょう」とダナはツイートし、状況を正しく理解するようメッセージを送った。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 9日
  5. 大ヒット官能小説の映画化キャスト変更をファンが切望 署名活動も