シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『私の奴隷になりなさい』の真山明大、新作『うそつきパラドクス』で生かした壇蜜との「経験」!

『私の奴隷になりなさい』の真山明大、新作『うそつきパラドクス』で生かした壇蜜との「経験」!
新作『うそつきパラドクス』について語った真山明大

 大人気同名コミックを新人女優・本山なみ主演で映画化した最新作『うそつきパラドクス』に出演している俳優・真山明大が、撮影を振り返った。本作で真山がふんするのは、本山演じるヒロイン・栖佑日菜子に思いを寄せる同僚の八日堂俊介。遠距離恋愛中の日菜子に、彼氏の代用品になることを自ら願い出る草食系メガネ男子を内に秘めたセクシーさで熱演している。

 真山は昨年、壇蜜の主演映画『私の奴隷になりなさい』で、壇蜜に翻弄(ほんろう)される年下の会社員を体当たりで演じて注目を浴びた。「『私の奴隷になりなさい』では、自分も壇蜜さんも初めてのことばかりで緊張の連続でした。でも、壇蜜さんは僕の姉と同い年だったこともあってか、いつも励ましてもらっていました」と明かし、今回の撮影では、前作で学んだ壇蜜の細やかな心配りを生かすことができたそう。「この作品では、ずいぶんと心に余裕ができて、成長した姿を見ていただけるんじゃないでしょうか」と自信をのぞかせた。

 一方、本山にとっては初主演にしてヌードシーンありと、まさに挑戦の連続。真山は「今回は本山さんをフォローしたくて」と初めは本山をサポートするつもりだったが、現実は違っていたという。「実際に現場に立ってみたら、本山さんがすごく落ち着いていて。僕よりもずっと度胸があって肝が据わっていたので、びっくりしました」と本山のメンタルの強さをたたえた。

 「僕自身、女の子に彼氏がいる時点で、恋愛対象としては見られない男なので、代用品というのはちょっといやだな」と私生活では真面目そのものの恋愛観を持つ真山だが、作中で描かれているオフィスラブについては「ハラハラする感じは、憧れちゃいます(笑)。男性も女性もキュンキュンするはずです!」とニッコリ。メガネスーツ姿に萌えたい女性は、ぜひともスクリーンの中の真山に胸キュンしてもらいたい。(編集部・森田真帆)

映画『うそつきパラドクス』は9月13日までヒューマントラストシネマ渋谷にてレイトショー


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 9日
  5. 『私の奴隷になりなさい』の真山明大、新作『うそつきパラドクス』で生かした壇蜜との「経験」!